2017年12月13日

新種発見!オランウータン

インドネシア・スマトラ島で新種のオランウータンが確認されました。シナモン色で縮れた体毛が特徴で、「タパヌリオランウータン:Pongo tapanuliensis」と名付けられました。これまでオランウータンはボルネオオランウータン、スマトラオランウータンの2種が知られています。「タパヌリオランウータン」もスマトラオランウータンの一個体群とされていましたが、その後の研究で新種と確認されました。大型類人猿の発見は「ボノボ」以来88年ぶりとなります。生息数は800頭に満たないとされ、絶滅の危険性が懸念されています。