2018年02月09日

驚異の生存戦略!! ミイデラゴミムシのガス噴射

ミイデラゴミムシ(Pheropsophus jessoensis)は「屁っぴり虫」と呼ばれ、お尻のほうから高温で臭い化学物質を噴出して捕食者を攻撃することで知られています。ところがそれだけではなく、カエルなどの捕食者にのみ込まれた後にもその「屁」を噴射して吐き出させ、しかも消化管の中でもしばらく生き残れることが明らかになりました。