写真を安全に使うための10の方法 ストックフォトってどこまで独占できるの?

【作品情報】独占可能な作品には原則、ライツマネージド(Exclusive)と記載されています

撮影の手間がなく手軽に使えるのがストックフォト使用の一番のメリットですが、基本的に誰でも使えるため、同じ画像が他の企業や団体で同時に使用されるケースも考えられます。
そのような危険を回避するため、前回ご紹介したライツマネージドのエクスクルーシブコンテンツでは、独占使用の手続き(有料)をしていただくと、ご希望の使用用途や業種内で一定期間独占して作品を使用することが可能となり、競合他社などで同じ作品が使用されることを防ぐことができます。

アマナイメージズでは、お客様の必要に応じて独占使用のレベルを段階的に設けています(独占の範囲によって独占使用料の金額も異なります)。

●競合他社や、ポスターなど特定の用途で同じ画像を使用されたくない業種別・使用用途別の独占をおすすめしています。ご指定の業種や使用用途内での独占使用が可能となり、同業種・同媒体での作品使用ができなくなります。
また、この際独占する地域(日本国内、全世界など)を指定することもできます。

●あらゆるシーンで独占的に使用したい全業種・全媒体での独占使用をおすすめしています。全業種・全媒体で独占された作品は、独占期間中はサイト上からも画像が削除されます。

なお、上記の独占使用では、バリエーションを含め独占することが可能です。

以上のように、必要に応じた範囲で作品を独占使用することが可能ですが、ご注意いただきたいのは、「モデルの独占は出来ない」ということです。モデルまで含めて独占したい場合には、撮影サービスをご利用いただき、専属モデル契約を結んでいただくことをおすすめしています。

独占使用に関するお問い合わせはカスタマーサポートにて承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

BackNumber

  • 01 最近よく聞く「肖像権」ストックフォトではどうなっているの?
  • 02 モデルリソースがあるならどんなものに使ってもいいの?
  • 03 ストックフォトとして販売されている有名人の写真、広告に使えるの?
  • 04 被写体の権利って人物だけなの?
  • 05 美術品の写真を使う場合って、どうすればいいの?
  • 06 いろいろな被写体が存在するストックフォト、安全に使うには?
  • 07 ライツマネージドとロイヤリティフリーの違いって?
  • 08 ストックフォトってどこまで独占できるの?
  • 09 ストックフォトの模倣って、やっぱり問題?
  • 10 写真を安全に使うためのクイズでおさらい!
写真をより安全にお使いいただくための現場で役立つ著作権セミナー ストックフォトをより安全にお使いいただくための注意点はもちろん、撮影や画像制作の現場におけるリスク回避の方法を豊富な事例を交えて解説いたします。お問い合わせはアマナイメージズカスタマーサポート0120-410-225営業時間9:30〜19:00まで