写真を安全に使うための10の方法 ストックフォトとして販売されている有名人の写真、広告に使えるの?

公に公開されているポートレートも肖像権の使用許諾が必要です 映画のワンシーンでは、有名人の許諾の他に映画会社の許諾も必要です 有名人の肖像権 映画の著作権など

ストックフォトには、モデルを使った人物イメージの他に、有名人の写真も多く取り扱われています。このような有名人の写真は、記事掲載などエディトリアルでの使用のため販売されていますが、これらの写真を広告などに使用することはできるのでしょうか?

有名人の肖像権は、誰もが持つ人格権の一部としての「肖像権(プライバシー権)」の他に、財産権の一部としての「パブリシティ権」が認められています。
有名人の肖像や名前は既に公衆に公開されているので、名誉を毀損したり社会的な評価を不当に下げる内容でなければ、写真を使用することが一概にプライバシーの侵害とは言えません。しかし、その肖像や氏名が顧客吸引力を持つことから、財産権としてのパブリシティ権が認められているので、無断で広告などに写真を使用することはできません。そのため有名人の写真を広告に使用する際は、事前に権利者から適正な許諾を取ることが必要ですが、きちんと許諾を取れば広告への使用も可能です。

また、有名人の写真を使用する際は、その写真が撮られたシーンも重要です。
例えば映画のワンシーンの場合、被写体となっている有名人の他に、映画会社にも使用許諾を取る必要があります。

アマナイメージズでは、有名人の写真を広告などに使用される際、お客様に代わって権利者のリサーチ、使用許諾から金額交渉、契約締結に至るまで代行・サポートする「ライツクリアランスサービス」を提供しています。有名人の写真の使用をご検討の際は、是非お問い合わせください。

「パブリシティ権」とは
「氏名・肖像から生じる経済的利益ないし価値を排他的に支配する権利」であり、有名人の肖像(や氏名)が顧客吸引力を持ち、それを使用することによる宣伝効果が認められることから、財産権として認められています。

次回のテーマは「被写体の権利って、人物だけなの?」です。

BackNumber

  • 01 最近よく聞く「肖像権」ストックフォトではどうなっているの?
  • 02 モデルリソースがあるならどんなものに使ってもいいの?
  • 03 ストックフォトとして販売されている有名人の写真、広告に使えるの?
  • 04 被写体の権利って人物だけなの?
  • 05 美術品の写真を使う場合って、どうすればいいの?
  • 06 いろいろな被写体が存在するストックフォト、安全に使うには?
  • 07 ライツマネージドとロイヤリティフリーの違いって?
  • 08 ストックフォトってどこまで独占できるの?
  • 09 ストックフォトの模倣って、やっぱり問題?
  • 10 写真を安全に使うためのクイズでおさらい!
写真をより安全にお使いいただくための現場で役立つ著作権セミナー ストックフォトをより安全にお使いいただくための注意点はもちろん、撮影や画像制作の現場におけるリスク回避の方法を豊富な事例を交えて解説いたします。お問い合わせはアマナイメージズカスタマーサポート0120-410-225営業時間9:30〜19:00まで