トレンドを写真とともに解剖する トレンド・ビューイング

注目のおすすめ作家 CREATOR'S FILE

教科書・教材に最適な「自然・科学」コンテンツ

教科書・教材など教育分野の「自然・科学」カテゴリで扱われる種類、場面を項目別にご用意いたしました。
専門性の高い作家による知識と表現力に裏付けされた、信頼のおけるハイクオリティな写真は安心してご利用いただけます。
また、掲載写真以外でもリサーチ、取寄せなども可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

類から探す


ほ乳類

鳥類

両生類

爬虫類

魚類

昆虫類ほか

ミニコラム

『生きものたちの身の守り方』

生きものたちはたえず捕食者の危険にさらされています。そのためにさまざまな術をつかって身を守っています。 ここでは特徴的な行動をご紹介します。


死んだふり:キタオポッサム(呼吸数もほとんどしません))タヌキ(仮死状態になります)
目くらまし:タコ、イカ(すみを吐きます)アメフラシ(紫の液体を出します)
驚かす:エリマキトカゲ(襟巻き状のひだを広げます)サバクツノトカゲ(目から血を飛ばします)
丸まる:ミツオビアルマジロ(硬い甲で覆われたボールのようになります)ハリモグラ(針を外側にして丸くなります)
その他に、しっぽを切り離して逃げるトカゲ、お尻から高温のガスを出すミイデラゴミムシ、お尻から臭い液体を噴射するスカンクなど、実に見事な防御方法で懸命に身を守っています。

ミツオビアルマジロ

植物

外来種

顕微鏡撮影

ミニコラム

『種のゆくえ』

植物はできるだけ生息場所を広げ、子孫を残すためにさまざまな方法で種子を散布します。 その方法に合わせて、種類によって種子のつくりも変化しています。 代表的な方法をご紹介します。

動物散布:動物の体に付着して運ばれたり(オナモミ、センダングサ、ヤブジラミなど)食べられて運ばれます(鳥等が見つけやすい赤、黄、紫の実など)
風散布:風によって運ばれます(カエデ、ススキ、ガマなど)
水流散布:水野流れによって運ばれます(ココヤシ、ハマボウフウ、ハマダイコンなど)
自動散布:果実や種子が自動的にはじき飛ばされます(ホウセンカ、カタバミ、ツリフネソウなど)
植物の種子散布は、受粉と同様に自らの子孫を残すための重要な過程であり、そのための方法は実に多種多様となっています。

ススキ

天文

気象・自然現象


  • 歴史的人物と年表「歴史」カテゴリで扱われる人物を探したい、また20世紀に起こった事件・事故を年表で検索できます

  • [連載] 生きもの紀行[連載] 生きもの紀行では、毎回国内外の生きものたち1種類を取り上げ、生態や特徴を捉えた写真を中心に展開いたします。
    身近な種類から、希少種、外来種など様々な視点からピックアップし、生きものたちの魅力をお届けします。

ページトップ