トレンドを写真とともに解剖する トレンド・ビューイング

注目のおすすめ作家 CREATOR'S FILE


報道写真の世界に入って今年で50年を迎える栗田格さんの集大成の写真展『やじ馬人生50年』が、日本プレスセンタービル9階の「日本記者クラブ」で開催されました。
1964年の東京オリンピックに始まり、激動の昭和を海外メディアに向けて発信してきた貴重なアーカイブです。
とりわけ第64-65代内閣総理大臣 田中角栄に始まる歴代首相のポートレートは"レンズマン"栗田格さんにしか捉えることの出来ない"真実の面魂"です。ぜひご利用ください!



 

栗田格氏 特別interview


【Profile】
1939年東京生まれ。当初はMGM映画社を中心に電通、J.W.トンプソン等のコマーシャル分野で活躍。1963年、NANA通信のレイ・フォーク氏との出会いをきっかけに報道写真へ転換。タイム、ニューズウイーク、フォーチュン等、主に海外メディア向けに発信。1974年以来、フランスのガンマ通信の日本代表を務め現在に至る。

K=栗田氏 A=アマナイメージズ

Q.キャリアの始まりは“報道”ではなく“コマーシャル”写真なのですね


うん、おれは運が良かったんだな。いつも人に恵まれて仕事が向こうから来るんだ。最初はMGM映画社に雇われて来日したハリウッドスターを密着取材してたんだ。当時はスターは来日すると1週間近くは滞在していたからね。映画の宣伝の仕事だけでなく、京都に旅行したり―――その間はずっと同行して撮影するんだ。羽田に到着してから羽田を発つまで、それでギャラは1,000ドル。当時、住んでいた品川には信用金庫しかなくてさ、ドルの小切手なんて見たことも無いから換金出来無いんだ。それで東京銀行に行ったら窓口の人に「飛行機ですか?船ですか?」って聴かれてね、何だろうと尋ねたら、「船なら3ヵ月後にお金が届きます。飛行機ならすぐです」って。もちろん飛行機でお願いしたよ、手数料が違うけど・・・そんな時代だよ。


そのうち、コロンビア映画、ユナイト映画からも仕事が回ってきたんだ。向こうでMGMの誰かが紹介してくれたんじゃないかな。「日本に行くならおかしな坊やがいるから、使ってやれ」てさ。ユニフランスの仕事もしたからアラン・ドロン、マーロン・ブランド、チャールトン・ヘストン、ユル・ブリンナー・・・ジョン・ウェイン以外、当時来日したスターはだいたい撮影したんじゃないかな。
アラン・ドロンとはけっこう仲良くなってね、ここじゃ話せないエピソードが沢山あるよ(笑)、情に厚い男だったなぁ。当時は物凄い人気で、行く先々で黒山の人だかりが出来るんだ。そんな時にアラン・ドロンに言われたんだ「俺の顔を撮ったってつまらないよ。こんな人だかりが出来るのは日本とブラジルだけなんだから、この“情景”を撮らなくちゃダメだ。」ってね。フォトジャーナリストとして大切なことを彼から教わったんだ。

Q.ハリウッドに行ったこともあるのですか?


ビバリーヒルズまで行ってスターの自宅もずいぶん撮影したよ。ヒッチコック監督の「鳥」の主演女優ティッピ・ヘドレンの家は凄かったな、ご主人が「エクソシスト」のプロデューサーでさ、ライオンを飼っているんだよ、自宅に。
ちょうどアカデミー賞シーズンだったので、それも取材に行ったんだ。前日に“吊るし”のタキシードをわざわざ買ってさ。それでレッドカーペットの脇にずらっーと他のカメラマンと並ばされてね、ああ俺はこんなとこで撮りたくないんだけどな・・・と思っていたら、向こうからマーロン・ブランドがレッドカーペットを歩いて着てさ、俺を見つけて「こんなところで、お前何しているんだ?」て握手しに来てくれたんだ。もう周りのカメラマンがびっくりしちゃって大騒ぎ。次にティッピ・ヘドレンがご主人と来てね。前日に、自宅にお邪魔したばかりだから、またまたこっちに来てくれてさ。もう俺自身がスターですよ・・・
うーん、あれはなんか可笑しかったね。

Q.カメラマンを目指したきっかけを教えて頂けますか?


写真を撮るのが好きというよりメカに興味があったんだ、カメラにね。叔父がNHKの録音技師をしていたので、鉱石ラジオとか色々メカは手作りしていたんだ。初めて写真を撮ったのは小学校4年生の時だったかな。学年誌の付録にカメラと押入れで出来る現像キットが付いていね、それで母親の顔を撮影したんだ。
中学・高校は野球少年でさ、法政の二年生の時、当時、早実一年生の王貞治と対決した事もあるんだ。でも栄養失調でさ、ポジションはキャッチャーだったんだけど、フライを取ろうと上を向いたとたんくらっときてね、そのまま倒れて・・・諦めたんだ。

カメラマンになろうと思ったのは18の時かな。何でなろうと思ったのかな・・・あの頃のカメラマンは格好良かったからね。当時、杉並は火事が多くてね、藁ぶき屋根がまだ沢山あったんだ。それで火事だっ!と聞くと撮影して、都電14番で新宿に出て有楽町の朝日新聞まで持って行くんだ。「これ、さっき起きた杉並の火事の写真です」って提出すると駄賃としてフィルム1本くれるの、現金でなく。それが時々新聞に掲載されるんだ撮影・栗田格ってクレジットも入って。それでもうカメラマンの気分になっちゃったんだな。

Q.初仕事は何ですか?


それも偶然なんだ。新宿御苑の横の通りをね、カメラを首からぶら下げて俺はカメラマンだって顔して歩いてたら、向こうから来たおじさんに「あなたはカメラマンですか?」って聞かれたんだ。「ちょうど今、カメラマンを探していたのですが、撮影して頂けますか?」って。もちろん「はい、いいですよ」って答えて現場に行ったら、銀行の広報誌の取材で、後に総理になった福田赳夫さん―――当時は大蔵省の役人だったのかな、のポートレート撮影だったんだ。撮影してフィルムを渡して3000円もらったの。あれが初仕事だったな。
 

Q.写真を撮る際に大切にしていることを教えてください。


まだ駆け出しの頃、ニューズウィーク誌東京支局長バーナード・クリシャー氏にはインタビュー写真も一つのニュースであり、相手の個性がしっかり捉えられねばならない、と厳しく教えられたんだ。“ジャーナリストの目を持て”と。NANAのレイ・フォーク氏には君の写真には日本が写っていない、と言われ、随分研究したよ。報道写真の何たるかを教えてくれた両氏には今でも感謝している。
だから、おれの場合、撮影は5秒で終わるけれど準備が長いんだ。ポートレート撮影の場合、最初の1時間位はくだらない話をしているね。たいがいの男は恥ずかしがりやで、中々自分を見せないんだ、そしてだいたいが自分はもっと良い男じゃないかって思ってる、特にじいさんはね・・・だから良い表情、本当の個性を撮影するまでには時間が掛かるんだ(笑)

Q.最後に、このまるでバズーカ砲のような機材についてお聞かせ下さい。


あれは、16ミリの映画用のカメラホルダー、特に、ベトナム戦争で、現場で使われていてね。三脚無しで撮影するためだった。アメリカ人のカメラマンのアイディアだと思う。自分用に改造して使ってました。なので、シャッターボタンが下にあってね。 マドンナや、マイケルジャクソンもバズーカ撮。 歴史的職人器具だね。今は、押し入れにありますよ。

 

 

ヒッチコックのミューズ、ティッピ・ヘドレン


ティッピ・ヘドレンの自宅


アラン・ドロン


バズーカ・レンズ台

 


ページトップ