具体例から学ぶ ケーススタディ

case01 インターネット上の画像は自由に使える?

GoogleやYahoo!などの画像検索で見つけた画像をコピーして使っても大丈夫ですか?
また、インターネット上の画像にも著作権はあるのでしょうか?

インターネット上の画像にも、他の画像と同様、原則として著作権があります。利用できる条件が明記されているような場合を除いて、著作権者が掲載した画像を無断で使用することや他人の著作物を無断でインターネットに掲載することは、著作権侵害にあたります。GoogleやYahoo!などの画像検索でヒットした画像、インターネットに掲載されている画像を使用したい場合は著作権者に確認し、使用許諾をとる必要があります。

アマナイメージズなら安心! インターネットや画集、写真集などで見つけた作品を使用したいけど、どこに聞けばよいかわからない、そんなときはアマナイメージズにお任せください。「アートリサーチ」サービスで著作権者(管理者)のリサーチから使用許諾申請代行、画像の取り寄せまでをサポートいたします。

case02 まとめサイトでの画像の引用ってOK?

まとめサイト(キュレーションメディア)でアマナイメージズの画像が使われているのを見ました。引用・参照元を明記すれば、無断で使えますか?

アマナイメージズでは、まとめサイト(キュレーションメディア)の運営会社と特別な使用契約を締結し、画像を提供している場合があります。この場合、ユーザーはそのサイトの中で自由に画像を使うことができます。そのような場合以外では、引用元を明記しても無断で画像を使うことは原則として著作権侵害にあたります。保護期間内の著作物を無断で引用出来る条件は限定されていますので、それ以外では引用元を明記しただけでは著作物を使うことはできません。

アマナイメージズなら安心! アマナイメージズでは、キュレーションメディアでの画像使用といった料金表にない用途でも、お客様のご要望に合わせてプランを提案いたします。法人営業担当が期間や使用点数などに合わせてお客様にぴったりのプランをお持ちしますので、お気軽にご相談ください。

case03 ストックフォトと同じ構図で撮影するには

ストックフォトを使ってカンプを制作したところ、同じ構図で撮影することになりました。
モデル以外は元のストックフォトと同じように作りたいのですが、問題ありませんか?

著作物の具体的な構図や表現方法をそのまま模倣することは、著作権のうち翻案権(二次的著作物を創出する権利)ないし複製権の侵害にあたる可能性があります。
また、ストックフォトをトレースしてイラストにすることも、同様に翻案権ないし複製権の侵害にあたる可能性があります。

アマナイメージズなら安心! ストックフォトの表現・構図を活かして新たな制作物を作る場合には、作家(著作権者)から事前に翻案権を取得する「アートリファレンス」を提供しています。 アートリファレンスの料金は、それを使用する媒体や範囲によって異なりますが、30,000円(税抜)からご利用いただけます。

case04 昔の写真を使うときの注意点

モデルリリース(肖像権使用同意書)のない昔の写真のストックフォトを使用したところ、被写体人物の遺族からクレームがきました。提供元からは正当な貸し出し手続きをとっていたのに、責任を問われるのでしょうか?

利用方法や利用地域によっては、法的責任が生ずることがあります。古いアーカイブ写真で一般人が写っている場合や群衆が写っている場合など、被写体を特定するのが困難な一部のストックフォトにはモデルリリースが未取得の作品がありますので、注意規制情報や専門家の意見などに基づいて、何に使えるか確認することが大切です。

アマナイメージズなら安心! 使用条件や規制を守ってご使用いただいたにも関わらずトラブルが発生した場合、アマナイメージズがお客様に代わって問題を解決する「無料免責サービス」がすべての写真・イラスト・動画素材に無料で付帯されています。損害賠償金、弁護士費用、回収費用など、1事故で最高500万円まで補償いたします。

case05 ストックフォトなら何に使ってもOK?

モデルリリース(肖像権使用同意書)がある人物イメージを犯罪防止ポスターに使用したところ、モデルからクレームがきました。モデルリリースがあるのにクレームに対応しなければならないのでしょうか?

ストックフォトとしてさまざまな用途に使用されることに同意したモデルリリースがあったとしても、犯罪(防止含む)、政治、宗教、疾病などに関連したものに使われることを好まない作家、モデルもいますので、何に使っても大丈夫とは言えません。自分の写真が使われたら不快だと感じるような用途では、事前に提供元に確認した方がよいでしょう。原子力関連や婚活、アンチエイジングなども注意が必要です。

アマナイメージズなら安心! アマナイメージズでは上記のような使用を「センシティブ使用」として、作品情報に注意を掲載しています。また、注意情報がない場合でも、お客様からのご要望に沿って作家やモデルに事前確認を行うことが可能です。

case06 制作委託先が不正使用してしまったら

制作会社に依頼して自社サイトを作ったところ、ストックフォトが不正に使用されていたことが分かりました。制作は全て制作会社に任せていたのに、責任を問われるのでしょうか?

実際にサイトを制作し、ストックフォトを不正使用していたのが制作会社だったとしても、委託元も利用者としての責任を問われます。納品物をチェックする際には、使われている画像についても購入確認メールや請求書の控えなどで著作権者から使用許諾を取得しているか確認し、出所が不明なものは使わないことが大切です。

case07 パブリック・ドメインの美術品

アルフォンス・ミュシャの作品の複写画像を加工してポスターを作りました。著作権は切れているので自由に使えるはずですが、何か問題がありますか?

絵画などの著作物は各国の著作権法およびベルヌ条約などの国際条約によって保護されており、保護期間の満了や著作権の放棄によって誰でも自由に使うことのできる「パブリック・ドメイン」となりますが、大幅なトリミングや改変を加える場合は所有する美術館や財団などを通じて確認をとった方が安心です。著作者の死後であっても、死後長期間が経過したような場合を除いて、原則として、生存しているとしたならば人格権の侵害となるような使い方はできません。

アマナイメージズなら安心! アマナイメージズで取り扱う美術品の画像はフランス文化省美術館総局の管轄下にある「フランス美術館連合(RMN-GP)」をはじめとする美術館・財団の公式エージェンシー、世界中の7,300館に及ぶ美術館とのコネクションを持つ「SCALA」、「Bridgeman」といった確かなソースから提供されていますので、スムーズに使用許諾申請を行うことが可能です。

case08 建築物にも著作権があるの?

銀座の町並みがメインビジュアルの広告を制作しました。さまざまなビルや看板などが写っていますが問題ありませんか?そもそも、建築物にも著作権があるのでしょうか?

建築物のうち、十分な創作性のあるものには著作権がありますが、そうであっても、写真における利用は原則として自由です。
また看板などの商標も、単に写真に写っているだけで違法となるわけではありませんが、商品やサービスの出所を混同・誤認させるような写り方や使い方の場合には、商標法や不正競争防止法に抵触する恐れもあります。また、撮影が禁止されている私有地内での撮影は敷地管理権侵害の可能性がありますので、注意が必要です。

アマナイメージズなら安心! アマナイメージズでは注意が必要な物件について、作品情報にご利用に際しての注意・規制情報を記載しています。また、長年のノウハウを活かし、使用の際のリスクについてのアドバイスや、必要に応じて使用許諾申請を代行する「ライツクリアランス」サービスを提供しています。

case09 オウンドメディアへの写真掲載

自社のオウンドメディアの記事に有名人の写真を掲載したいのですが、写真の提供元や被写体に許諾をとる必要がありますか?

集客や自社ファン獲得のためにオウンドメディアを運営する企業が増えていますが、直接的に商品・サービスを宣伝していない場合でも、広告・宣伝の要素がないとは言い切れず、時事報道利用として許容されるとも限らないことから、著作権のクリアランスは基本的に必要と考え、許諾をとるか正規のストックフォトを利用するなどした方がよいでしょう。
被写体有名人のパブリシティに関しては、利用の態様によっては(顧客吸引力の利用が主な目的でなければ)侵害に当たらない可能性もありますが、ケースバイケースなので個別に検討する必要があります。

アマナイメージズなら安心! アマナイメージズでは、多彩なコンテンツ・データベースからオウンドメディアに最適なコンテンツを提供いたします。ご使用形態などを伺ったうえで、有名人の肖像を含む365日の出来事、被写体クリアランスが不要な世界遺産や花といったコンテンツなど、お客様に最適なコンテンツを提案いたします。

監修者プロフィール

  • 福井健策弁護士/ニューヨーク州弁護士。骨董通り法律事務所 for the Arts 代表パートナー。日大芸術学部客員教授。
  • 北澤尚登弁護士/ニューヨーク州弁護士。骨董通り法律事務所 for the Arts パートナー。