コンテンツ利用時のご注意YouTubeに楽曲コンテンツを使用した動画作品を掲載する場合のご注意

正常なアップロードができない場合について

ご購入いただいた音素材(楽曲)を利用して制作された動画をYouTubeにアップロードすると、著作権に関する注意喚起が表示される場合があります。
具体的にはYouTube動画の管理一覧ページでの『第三者のコンテンツと一致しました』との表示や、詳細画面での『動画に第三者が所有する音楽が含まれている可能性があります』と表示されるもので、その結果、動画の掲載が行えない、動画の音だけが消去された状態で掲載される、もしくは動画再生中に他者の広告が表示されてしまうといった現象の発生が確認されています。

これは、該当する音素材(楽曲)が、YouTubeコンテンツIDというサービスに登録されていることに起因することがわかっており、当社取扱商品に限らず、多くの取扱い業者が提供する音素材に共通する問題です。

YouTubeコンテンツIDとは、作家もしくは権利者によるYouTube上での自身のコンテンツの特定、管理を目的としてYouTube社が開発提供しているサービスのことです。

この問題の解決方法としては、動画のアップロード後にYouTubeを通じて異議申立をしていただく方法がありますが、解決までに長い日数を要する場合もあり注意が必要です。
アマナイメージズといたしましては、この問題の打開を図るべく、現在YouTube社に対し、発生している問題の深刻度を伝えるとともに、しくみの見直し改善を強く要請しております。

詳しくはアマナイメジーズカスタマーサポートまでお問い合わせください。

制作した動画コンテンツアップロード時の権利主張に関するご注意

また、お客様がamanaimages.comで正規にご購入いただいた音素材(楽曲等)は、『非独占的に』利用が可能なものとなります。

例えばYouTubeでは、お客様の作品である動画コンテンツを掲載する際、コンテンツID登録において、お客様が音素材(楽曲等)を含む形でコンテンツID登録をされてしまうと、『非独占的な利用』のルールに違反して、該当音素材(楽曲等)に関して排他的な権利主張をしてしまうことになります。

これにより、同じ音素材(楽曲等)を正規購入した他のお客様が、YouTube等の動画投稿サイト上でその音素材を使えなくなってしまうなど、他のお客様の権利侵害につながってしまいます。

お客様の作品のアップロードに際しては、以下の様に適切なコンテンツID登録をお願いします。

コンテンツIDで特定したいものをお選びください
  •  音声のみのコンテンツ(音楽のみ)
  •  映像と音声のコンテンツ(音声チャンネル付きの動画)
  •  映像のみのコンテンツ(音声チャンネルのない動画)
amanaimages.comでご購入いただいた音素材(楽曲等)を使って作成した動画コンテンツに関しましては、上記通り 『映像のみのコンテンツ(音声チャンネルのない動画)』 にチェックを入れてください。

YouTube「コンテンツID」について
YouTube上にアップロードするコンテンツの著作権保護や収益化を目的として開発されたコンテンツ管理システム。
あらかじめYouTubeコンテンツIDデータベースに登録されているコンテンツ(楽曲等)が含まれた作品がYouTube上にアップロードされると、自動的にこれを検知し、著作権に関する注意喚起を行います。その際、コンテンツ権利者は、コンテンツの利用を制限するなどの対応が可能です。 YouTubeは、google inc.の商標です。

▲ページの先頭へ戻る