使用許諾

アマナイメージズ・フォント 使用許諾 (2016年2月1日改定)

C&G ソフトウエア使用許諾契約書

このデジタル・フォント・プログラム使用許諾契約は、株式会社シーアンドジイ(以下「弊社」)が本契約書と共にお客様に提供するデジタル・フォント・プログラム(以下「許諾プログラム」)をご使用いただくにあたっての条件を定めるものです。

第1条 使用権の許諾
  • (1)お客様は、お客様が所有する装置一台に限り許諾プログラムをインストールし、読み取り可能な形で許諾プログラムを下記1次使用権に基づき使用することができます。お客様は、下記二次使用権に該当する用途で許諾プログラムを使用する場合は、別途使用許諾契約の締結が必要になります。
  • (2)前項の規定に拘わらず、許諾プログラムに関する全ての権利は弊社又は弊社が許諾を受けた第三者に帰属します。また、お客様は前項の規定により、弊社又は弊社が許諾を受けた第三者のいかなる商標、商号もしくはサービス・マークに関する権原を許諾されたものではありません。
  • (3)お客様が、許諾プログラムを逆アセンブル、逆コンパイルなどの解析を行うことは禁止されています。
  • (4)本契約条件は、いかなる意味においても、許諾プログラムに関する知的財産権(特許権、実用新案権、著作権、商標権、保護されるべき営業情報などを含みます)をお客様に移転するものではありません。
  • (5)お客様は許諾プログラムをバックアップ目的に限り1コピーのみ複製することができます。
一次使用権
  • (1)文字のイメージを印刷装置に印字したり、映像装置に表示することができます。
  • (2)WEB ページの文字表現用として使用することができます。
  • (3)PDF ファイルに埋め込んで配布することができます。但しこの場合は、特定できる第三者に配布する場合に限られます。
  • (4)上記3項全ての場合で、非営業用の個人用、自社用等の自己使用、または、特定できる第三者からの業務受託用に限られます。
二次使用権
  • (1)フォントを元にして商品名や社名等の営業を目的としたロゴ等を作成すること及び作成したロゴ等の商標権を取得すること。
  • (2)不特定の第三者に配布することを目的として、PDF ファイル等のデータにフォントから得られる派生フォントを埋め込むこと、ビデオゲーム等のデジタル作品に格納、または商業放送・ビデオ作品に使用すること。
  • (3)上記に記載がない事項。
第2条 期間及び終了
  • (1)本契約は、お客様が許諾プログラムをダウンロードされたときに発効し、次項の規定により本契約が終了する場合を除き、お客様が許諾プログラムの使用を継続する限り無期限に効力を有するものとします。
  • (2)弊社は、30 日以上前に書面によりお客様に対して通知することにより、本契約の効力を終了させることができるものとします。但し、本項の規定は、お客様が許諾プログラムを本契約の規定に違反して使用し、かつその違反が前記30 日の期間内に是正されない場合に限られるものとします。
  • (3)前項の規定により本契約の効力が終了したときは、お客様は許諾プログラムに関する権原は消滅し、以後お客様は許諾プログラムに対する一切の権原を有さないものとします。この場合、お客様は許諾プログラム及びその複製物の全てを、弊社の指示に従い、廃棄するものとします。
第3条 著作権表示

お客様は、許諾プログラムの全部又は一部のいかなる形態の複製にも、許諾プログラムに含まれる著作権表示を入れるものとします。

第4条 許諾プログラムの移転等
  • (1)お客様は、許諾プログラムもしくは第1条の規定により許諾された使用権を第三者に対して再使用権を許諾し、譲渡し、移転し又はその他の処分をしてはなりません。
  • (2)お客様は、本契約において明示的に許諾されている場合を除き、許諾プログラムの使用、複製、改変その他の行為をしてはなりません。
第5条 書体の変更等

(1)お客様は、許諾プログラムを使用して出力された書体を同一又は類似の書体の字母として利用してはなりません。

第6条 保証
  • (1)弊社は、弊社が許諾プログラムに関する権原を有すること及びお客様に対して許諾プログラムの使用を許諾する権原を有することを保証します。
  • (2)弊社は、本契約条件に明示される事項以外には、許諾プログラムに関するいかなる保証も行いません。
  • (3)正規にご購入されたお客様は適切なユーザサポート、アップグレードを受ける権利を有します。なおこれらのサービスは有償になる場合があります。
第7条 責任の範囲
  • (1)弊社は、本契約条件に明示的に規定された場合を除き、権原に関する保証、第三者の権利を侵害しない旨の保証、設計、市場性もしくは特定の目的に対する適合性に関する保証又は取引、使用もしくは商慣習から生ずる保証を含むいかなる明示的又は黙示的な保証も行いません。お客様は、このことを承認したうえで許諾プログラムを使用するものとします。
  • (2)弊社は、損害発生の可能性について事前に通知を受けていた場合であっても、逸失した利益又はその他の特別損害、間接損害もしくは拡大損害について責任を負いません。また、弊社が損害賠償責任を負うことになった場合であっても、弊社の損害賠償責任は、その理由を問わず、お客様が実際に支払った許諾プログラムの代金相当額をその上限とします。
第8条 輸出

お客様は、必要に応じて弊社及び通商産業省の承認を取得することなく、日本国外のいかなる者に対しても、許諾ソフトウェア、財産的情報又は許諾ソフトウェア若しくは財産的情報を含むいかなるシステムも、直接的であれ間接的であれ、輸出又は移転してはならないこととします。

第9条 使用許諾に関する監査権

弊社はお客様に対して第1条(使用権の許諾)、第3条(著作権表示)第5条(書体の変更等)等で許諾した範囲内で許諾プログラムを適正に管理・運用されているか否かを監査する権限を有するものとし、監査に必要な書類もしくはその写しの提出を、お客様に対して求めることができるものとします。

第10条 準拠法

本契約は日本において該当する法律を準拠法とします。

> ページのトップへ

デザインシグナル 使用許諾契約

デザインシグナルDS版フォント(以下本製品といいます)のご使用に際しましては、下記の条項をよくお読みください。本製品は下記の条項すべてにご同意いただける方にのみ、使用が許諾されます。

1.本製品の内容と知的財産権

本製品は、鑑賞、情報伝達、イメージの高揚を目的とした文字デザイン(書体デザイン)、これをデジタル数値とソフトウェアにて表現したフォント(以下まとめてフォントといいます)にて構成されています。本製品を使用される方は、これらのフォントが著作物であることを認めた上でご使用ください。

2.使用の範囲

お客様は前記のフォントを、1フォント1台のコンピュータにインストールして使用することができます(印刷装置等に直接インストールされる場合には当該印刷装置1台を1台のコンピュータと見なします)。
お客様は、自らの責任においてフォントを利用するものとします。当社はお客様の利用に際しては、一切のサポートを行いません。
非商用(個人使用または団体および企業内で使用することにより、直接的な営業収益を生じない)に限定して使用することができます。
チラシ、カタログ、ポスター、キャンペーン広告などの一般印刷物に関しては、自由にご利用いただけます。
WEBページは画像処理して使用する分は可能です。

3.許諾を要する利用方法

お客様が、下記に掲げる方法での利用を希望する場合には、事前に当社の許諾を得るものとします。

  • (1)営利を目的として、フォントを印刷装置で印字したり、映像装置に表示すること
  • (2)営利を目的として、フォントをWEBページの文字表現のために使用すること
  • (3)フォントをPDFデータに埋め込んで、不特定多数の第三者に配布配信すること
  • (4)営利を目的として、フォントをPDFデータに埋め込んで配布配信すること
  • (5)商標権を取得するか否かにかかわらず、フォントを使用して商標を作成すること
  • (6)商業放送のテロップ、フリップに使用すること
  • (7)その他フォントを商用で使用すること
4.禁止される利用方法

お客様は下記に掲げる方法で、本製品を使用することはできません。

  • (1)本製品の一部または全部を第三者に譲渡または貸与すること。
  • (2)フォントを元にして類似または同一フォントを作成すること。
5.保証・免責
  • (1)本製品に瑕疵がある場合には、ご購入後90日以内であれば、対象となる本製品の購入日を証明できるものを添付して、当社にご送付いただければ、無償にて交換いたします。
  • (2)当社は、本製品のご使用により生じたいかなる損害についても、これを賠償する責任を負いません。なお万が一お客様と当社との間に紛争が発生した場合には、東京地方裁判所を当該紛争の専属管轄裁判所とします。
6.契約の期間

お客様がユーザ登録手続きを完了した時より本製品を使用することができます。
なお、お客様が本契約に違反した場合には、当社は本契約を取り消すことができます。本契約が取り消された場合でも、当社はお客様に対して一切の返金等を行いません。

2010年4月 株式会社デザインシグナル

> ページのトップへ

伊藤印材店 使用許諾書

日本語trueTypeフォント伊藤書体【泰行書・泰楷書・訓隷書・富篆書・富古印体・誠印相体の総称】(以下「本製品」と呼びます)は使用権のみを販売したもので売り渡されたものではありません、本製品の所有権・著作権は株式会社伊藤印材店にあります。下記の契約事項の同意を前提条件として本製品の使用を許諾します。なお、下記の条項にご同意頂けない場合は、本製品の使用を許諾出来ませんのでご了承ください。

エンドユーザー・ライセンス契約条項
  • (Ⅰ)本製品の内容については、改良のため予告なく変更する事があります。
  • (Ⅱ)本製品を適用した結果の他への影響については、責任は負いかねますのでご了承下さい。
  • (Ⅲ)本製品に含まれる著作権等の知的財産権はエンドユーザー(以下「ライセンス取得者」といいます。)に移転されません。
  • (Ⅳ)本製品の逆アセンブラや逆コンパイル・解読することを禁止します。
  • (Ⅴ)書面による事前承諾を得ずに、本製品をリース・レンタル・販売・移転サブライセンスする事を禁止します。
  • (Ⅵ)ネットワークサーバー上にインストールされた本製品をクライアントのコンピュータで使用することを禁止します。
  • (Ⅶ)本製品を複数のコンピュータで使用する目的でリムーバブルドライブ(ハードディスクも含む)にインストールすることを禁止します。
  • (Ⅷ)本製品は日本国内使用です。本製品を日本国外で使用された場合、弊社は一切の責任を負いかねます。また弊社は本製品に関し、日本国外への技術サポート・及びアフターサービス等を行っておりませんので予めご了承下さい。
  • (Ⅸ)客様は、本製品又は、その使用権を第三者に再使用許諾・譲渡・移転又はその他の処分を行う事はできません。
  • (Ⅹ)弊社は、お客様が[使用許諾書]の諸条件のいずれかに違反されたときは、いつでも本製品のご使用を終了させることができるものとします。この場合お客様は直ちに本製品(本契約事項に違反して本製品のコピーを作成している場合には、当該コピーも含め)抹消の上、書面にて、その旨を株式会社伊藤印材店に報告しなければなりません。

> ページのトップへ

游書体ライブラリーフォントプログラムの使用許諾に関する契約書

この使用許諾契約は、有限会社字游工房(以下「弊社」といいます)が権原を有し、本契約書と共にお客様に提供する游書体ライブラリーフォントプログラム(以下「許諾フォント」といいます)をご使用いただくにあたっての条件を定めるものです。お客さまは許諾フォントを使用するにあたり、本契約書に定める条件にご同意いただくものとします。なお、お客様にご同意いただけた場合、弊社はお客様に許諾フォントを売り渡すものではなく、使用権を許諾するものです。

第1条 用語の定義
  • (1)アナログ出力物とは、印刷形式によって提供されることを目的として制作された制作物を指します。これには、文字テキストのみ、または文字テキストを中心に図版を含んで構成された制作物を含むものとします。
  • (2)映像コンテンツとは、映像制作会社、放送会社、CG制作会社、アニメーション制作会社、ゲームソフトウェア会社等を含み、それらに限定されないお客様が制作された、ディスプレイ又は投影用スクリーンに表示される、動画・静止画を含む制作物及び番組を指します。これには著作権等の知的財産権のお客様に対する帰属の有無及び放送、CD-ROM、DVD、ビデオテープ、インターネットなどの媒体の形式を問わないものとします。
  • (3)デジタルコンテンツとは、デジタルデータ形式によって提供されることを目的として制作された制作物を指します。これには映像コンテンツを含み、かつ、文字テキストのみ、または文字テキストを中心に図版を含んで構成された制作物を含むものとします。
  • (4)「クライアントコンピュータ」とは、コンピュータ上において、サーバーから提供される機能やデータを利用するコンピュータのことをいいます。
  • (5)「サーバー」とは、一台または複数台のコンピュータが接続されているコンピュータネットワークにおいて、クライアントコンピュータからの要求に応じ、自己のもつ機能やデータを提供するコンピュータのことをいいます。
第2条 使用許諾内容
  • (1)お客様は、ご購入いただいた当該許諾フォントを、弊社から提供された許諾フォント記録媒体から、若しくは、ダウンロード販売にて購入された許諾フォントを、お客様の所有、もしくは管理するフォント搭載端末にインストールして使用することができます。ただし、1許諾フォントあたり1台のみとします。また、それらの端末に接続されている任意の出力装置を許諾フォントの出力先に指定することができます。なお、サーバーで利用する場合は別途契約が必要となります。
  • (2)許諾フォントに関する動作環境は、弊社がホームページ等でその時点で公表する動作環境の範囲に限られるものとします。
  • (3)お客様は、アナログ出力物作成のため、お客様の制作する電子文書内に使用されている文字に限り、表示、表現の目的で許諾フォントを使用することができます。またその許諾フォントを使用した電子文書を印刷し、複製、販売、頒布することができます。
  • (4)お客様は、デジタルコンテンツ作成のため、お客様の制作する電子文書内に使用されている文字に限り、表示、表現の目的で許諾フォントを使用することができます。またその許諾フォントを使用した電子文書を公衆に送信、または複製し、販売、頒布することができます。
  • (5)お客様は、映像コンテンツのテロップ、フリップに、その映像コンテンツ内に使用されている文字に限り、許諾フォントを使用することができます。またその許諾フォントを使用した映像コンテンツを公衆に送信、または複製し、販売、頒布することができます。
  • (6)前(3)(4)(5)の各号において、お客様が電子文書、および映像コンテンツの表示、表現の目的で許諾フォントを当該電子文書、および映像コンテンツ内に使用し埋め込む場合、許諾フォントが抽出できない安全な形式で埋め込まれていることが必要条件となります。また当該電子文書、および映像コンテンツを他の受信者(編集者、印刷業者等)が 編集の為に許諾フォントを使用することがある場合には、その様な電子文書、および映像コンテンツの受信者(編集者、印刷業者等)はそれぞれ別途に許諾フォントの使用権を購入、取得している必要があります。
  • (7)お客様は前(3)(4)(5)の各号における電子文書、および映像コンテンツ表示を行う場合、許諾フォントを静的なグラフィック画像として電子文書、および映像コンテンツに埋め込むことができます。ただしそのグラフィック画像が許諾フォントの代替えとして使用されていない、または第三者が編集等で使用できない状態に限ります。
  • (8)お客様は、表示効果を高める目的で許諾フォントに太め、斜体、シャドウ等の文字の変形、加工を施し出力することができます。
  • (9)本契約条件は、如何なる意味においても、許諾フォントに関する知的財産権をお客様に移転するものではありません。
第3条 許諾フォントに関する禁止事項
  • (1)お客様は、許諾フォントもしくは前条の規定により許諾された使用権を、有償・無償を問わず、第三者に対する再使用権として許諾、譲渡、移転、または、その他の処分をしてはなりません。
  • (2)お客様は、本契約において明示的に許諾されている場合を除き、許諾フォントの使用、複製、改変(リバースエンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブル等の行為を含む)その他の行為をしてはなりません。
  • (3)お客様は、許諾フォントを使用して出力されたフォントのデザインと同一のもの、または一部を改変(リバースエンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブル等の行為を含む)、修整したものを字母として利用し、有償・無償を問わず、流通、頒布する等の行為をしてはなりません。
  • (4)お客様は、前項の規定の他、許諾フォントを利用して制作したフォントなどの二次的成果物、あるいはこれらのデータを有償・無償を問わず、第三者に配布・送信その他の方法により頒布してはなりません。
  • (5)お客様は、インターネット、LAN、その他のネットワークを通じてサーバーとクライアントコンピュータで構成された環境において、当該サーバーに接続された1台または複数台のクライアントコンピュータで許諾フォントを使用させることを目的として、当該サーバーに許諾フォントをインストールしてはなりません。また、サーバー上の許諾フォントをクライアントコンピュータで使用してはなりません。
  • (6)お客様は、許諾フォントを電子文書などに埋め込む際、埋め込まれた文字の形式の如何を問わず、許諾フォントの代替として機能させてはなりません。
  • (7)お客様は、許諾フォントを埋め込んだ電子文書を販売、配布する場合、電子文書から許諾フォントを抽出する行為を禁止することを明示するものとします。
  • (8)お客様は、許諾フォントを使用してロゴタイプを制作し、意匠として商標登録をしてはなりません。
  • (9)その他、本契約にて、明示的に許諾されている以外の行為を行うことはできません。
第4条 契約の有効期間と終了
  • (1)本契約は、お客様が許諾フォント記録媒体のパッケージを開封したとき、またはインターネットの各許諾フォント販売サイト上に表示される当使用許諾契約書に同意されたときに発効し、次号の規定により本契約が終了する場合を除き、お客様が許諾フォントの使用を継続する限り無期限に効力を有するものとします。
  • (2)弊社は、お客様が本契約の規定に違反して許諾フォントを使用し、且つその違反が弊社からお客様に書面で通知した後も是正されない場合、本契約の効力を終了させることができるものとします。
  • (3)前項の規定により本契約の効力が終了したときは、お客様の許諾フォントに関する権原は消滅し、以後お客様は、許諾フォントに関する一切の権原を有さないものとします。この場合お客様は、許諾フォントおよびその複製物のすべてを弊社の指示に従い、返却および破棄するものとします。
  • (4)前(2)(3)の各号により本契約の効力が終了する際、許諾フォントおよびに、弊社に損害が生じている場合は、その損害賠償の請求を妨げないものとします。
第5条 管理義務

お客様は、弊社より提供された許諾フォントを善良な管理者の注意をもって管理し、第三者に譲渡、提供又は貸与しないものとします。

第6条 保証
  • (1)許諾フォントはお客様が購入後、90日間、弊社が公表する動作環境において実質的に動作することが保証されます。動作不良等で返品を希望される場合はご購入日を証明できるレシート等をもって90日以内にご購入された販売店、または弊社宛ご相談下さい。
  • (2)弊社は、許諾フォントについて正当な権原を有すること及びお客様に対して許諾フォントの使用を許諾する権原を有することを保証します。
  • (3)弊社は、本契約条件に明示される事項以外には、許諾フォントに関するいかなる保証も行いません。
  • (4)弊社は、お客様が許諾フォントを受け取られた日から1年以内に弊社が許諾フォントの誤りを修正したとき、お客様の請求に基づいて当該誤りを修正した新たな許諾フォントをお手持ちの許諾フォントと引き替えに無償でお客様に提供します。
  • (5)お客様が許諾フォントを受け取られた90日以内に許諾フォントの記録媒体に物理的欠陥が発見された場合無償で交換いたします。
  • (6)お客様及び弊社は、本契約に基づく使用許諾により、許諾フォントに関するいかなる権原もお客様に移転するものではないことを確認するものです。
第7条 知的財産権と工業所有権

お客様は許諾フォントが日本国内の著作権法、その他の知的財産権と工業所有権、意匠権によって、保護されていることに同意するものとします。またその他の国の販売代理店において許諾フォントが販売される場合は、その販売代理店が存在する国の知的財産権と工業所有権、および国際条約によって保護されていることに同意するものとします。

第8条 責任の範囲
  • (1)弊社は、本契約条件に明示的に規定された場合を除き、権原に関する保証、第三者の権利を侵害しない旨の保証、使用条件や使用目的に対する適合性への保証、取引や商習慣から生ずる保証を含むいかなる明示的または黙示的な保証も行いませんので、お客様は、このことを承認した上で許諾フォントを使用するものとします。
  • (2)弊社は、損害賠償の可能性について事前に通知を受けていた場合であっても、逸失した利益またはその他の損害について責任を負いません。また、弊社が損害賠償責任を負うことになった場合であっても、弊社の損害賠償責任は、その理由を問わず、お客様が実際に支払った許諾フォントの代金相当額をその上限とします。
  • (3)弊社は、許諾フォントの欠陥が深刻な事態をもたらすような、原子力施設、航空機制御、通信システムもしくは航空記飛行制御機器の稼働のために、許諾フォントが使用されることを意図してはいません。従ってこのような意図で使用された場合、前(1)(2)号が適用されるものとします。
第9条 米国政府の使用権

許諾フォントが米国の政府機関に対して提供される場合、FARの第52.227-19条に規定された「制限を受けるコンピュータ・ソフトウェア」に分類されます。この場合、当該米国の政府機関は、上記のFARの第52.227-19条に基づいて許諾フォントが使用されることになります。

第10条 使用許諾に関する監査権

弊社は、お客様に対して本契約に明示的に規定された範囲内で許諾フォントを適正に管理・運用されているか否かを監督する権限を有するものとし、必要に応じて弊社が立入り検査を行ない、監査に必要な書類もしくはその写しの提出をお客様に対して求めることができるものとします。

第11条 準拠法

本契約は、日本において該当する法律を準拠法とします。

第12条 その他

本契約書に定めのない事項は、本使用許諾契約書の内容に準ずるものとします。
※文中に記載されている会社名,製品名は各社の登録商標または商標です。

以上

169 -0075 東京都新宿区高田馬場4-16 -9 ケイワビル201
有限会社字游工房

> ページのトップへ

モトヤフォントライブラリーおよびソフトウェア使用許諾契約書

※ご注意
モトヤフォントライブラリーおよびソフトウェア(以下モトヤフォントといいます)は、使用許諾されたもので、売り渡されたものではありません。下記の使用許諾契約書をよくお読みいただき、お客様の同意を前提条件として使用許諾いたします。万一、本契約条項に御同意いただけない場合は、モトヤフォントのご使用はできませんので、ご了承下さい。

第1条 使用権の許諾
  • 1.お客様は、使用権を許諾されたモトヤフォントを、お客様が所有する装置一台に限り、使用することができます。
  • 2.お客様が、モトヤフォントを修正、改造、ソフト解読、翻訳することは一切できません。
●一次使用権と二次使用権

使用許諾契約には一次使用権と二次使用権があります。

  • 【一次使用権】商用印刷を目的とした表示および出力。
    ※一次使用権の対価は、本商品の価格に含まれます。
  • 【二次使用権】商用印刷以外での使用。
    ※テレビのテロップ・ゲームソフト・CM・ASPをはじめとする電子媒体、映像媒体、Webなどが二次使用権にあたり、別途対価を含む使用許諾契約が必要となります。また、前述の使用範囲はあくまで例であり、二次使用権の範囲がこれに限定されるものではありません。
第2条 モトヤフォントに関する権利

モトヤフォントの著作権、無体財産権及び所有権は株式会社モトヤ(以下「弊社」といいます)に帰属します。お客様は、使用することができるだけで、弊社の権利及び第三者への再使用許諾権を得るものではありません。

第3条 コピーの禁止

お客様が、モトヤフォントの全部または一部をコピーすることを禁止します。

第4条 第三者への譲渡

お客様が、第1条第1項で指定した装置と使用許諾されたモトヤフォントを一体として、第三者に譲渡する場合、譲受人と弊社との間で本契約と同旨の契約を締結して、本使用許諾権を第三者に譲渡できます。

第5条 保証と責任
  • 1.弊社は、モトヤフォントが他の著作権等無体財産権を侵害しないことを保証します。
  • 2.弊社は、モトヤフォントがお客様の特定の目的のために適切であること、または有用であることを保証するものではありません。
  • 3.弊社は、モトヤフォントについて,本契約書に明示された事項以外の如何なる保証も行いません。
  • 4.弊社は、モトヤフォントの使用により、弊社の責に帰すべき事由によるものを除き、お客様または第三者が被った直接的、間接的な如何なる損害についても責任を負いません。
第6条 契約の解除

お客様が本契約に違反した場合、弊社は催告の上、本使用許諾を解除します。解除と同時に、お客様は、弊社の指示に従って、モトヤフォントの総てを返却もしくは廃棄処分しなければなりません。

製造・販売元
株式会社 モトヤ

> ページのトップへ

エヌアイシィ 使用許諾契約書

このたびは、ニィスフォントをお買いあげいただき誠にありがとうございます。厚くお礼申し上げます。エヌアイシィ株式会社(以下当社と言います)及び書体デザイナーはニィスフォント(以下、本製品と言います)に関して知的財産権を有しています。ニィスフォントのご使用に際しては、使用される前に必ず下記をお読みいただき、内容をご理解されご同意いただけました場合のみ本製品をご使用下さるようお願い申し上げます。

1.本製品の内容と知的財産権

本製品は鑑賞・情報伝達・イメージの高揚を目的とした書体デザイン、及びこれを具現化するためのソフトウェアとデータベース形式のデジタルデータにて構成されています(これらを併せてフォントといいます)。書体デザインはそれぞれの書体デザイナーによる創作デザインです。当社はフォントの開発に際しては独自のノウハウや特許を使用しています。当社及び書体デザイナーはそれぞれに知的財産権を有しています。本製品を使用可能とするための解説書(場合によって電子データ)、必要によってインストーラー・ソフトウェアが添付されています。一部の製品には特許権が含まれています。尚、本知的財産権には本製品より得られる派生文字デザインイメージまたはそのデータ、派生フォントも含まれます。

2.お客様における使用権の範囲

お客様は本製品を1台のみの(パッケージまたは個別の契約書に特別に使用可能台数が記載されている場合はその台数まで)コンピュータにインストールし、当社が出力可能と定義した使用環境にて下記の使用権を有します。なお、この台数を越えて使用(複製作成)した場合は著作権法違反及び損害賠償の対象となります。

〈第一次使用権の内容〉

下記を第一次使用権とし使用権の対価は本製品の価格に含まれます。

  • (1)本製品から得られる派生文字デザインイメージを印字すること、広告看板を作成すること、お客様がご使用のコンピューターに接続されている映像装置(デジタルサイネージ等を除く)に表示することができます。
  • (2)同じくWEBページの文字表現用として使用することができます。
  • (3)本製品から得られる派生フォントをPDFデータに埋め込んで配布配信することができます。
  • (4)前3項とも非営業用の個人用、自社用等の自己使用、またはお客様が特定できる第三者に対する受託業務使用に限られます。またユーザ登録手続きまたは契約書に記載した所在地のみの使用に限られます。
〈第二次使用権について〉

以下の場合、お客様は予め当社との個別の二次使用権契約の締結とその費用の支払いの後に権利を有します。

  • (5)本製品を元にして商品や社名等の営業を目的としたロゴを作成すること、商標権等の無体財産権を取得すること。
  • (6)不特定の(お客様が配布配信先を特定できない)第三者に配布配信することを目的とした電子メディア(例:テレビ・ビデオ・映画作品のテロップ・タイトル、PDFファイルへのフォント埋込、ゲーム等)に使用すること。
  • (7)サーバーにて本製品を使用すること。
  • (8)上記〈第一次使用権、第二次使用権〉の項目に記載がない事項は、双方協議の上決定します。
〈禁止事項〉

お客様は下記の使用権を有しません。

  • (9)本製品の一部または全部を第三者に譲渡または貸与すること。
  • (10)本製品を元にして類似または同一の文字デザイン、フォントを作成すること。
3.保証・補償
  • (1)当社は本製品が第三者の知的所有権を侵害していないことを保証します。
  • (2)当社はお客様がユーザ登録手続きを行った後に通常使用のもとで欠陥無く使用できることを保証します。従って万が一本製品に瑕疵がある場合には、対象とする本製品の購入日を証明できるものを添付して送付されることにより無償にて交換します。ご購入後91日以上経過後の交換は有償となる場合があります。
  • (3)正規ユーザ登録されたお客様は適切なユーザーサポート、アップグレードを受ける権利を有します。なおこれらのサービスは有償になる場合があります。
  • (4)当社は本製品のご使用により生じたいかなる損害、回復、再生、代用品の費用、第三者が被った同様の費用についても一切の責任または補償を負うことはできません。なお、係争の際の管轄裁判所は東京地方裁判所とします。
  • (5)本知的財産がお客様により損なわれていると判断できる場合は、当社は上記の使用権を取り消すことができます。
4.契約の期間

契約期間は、お客様がユーザ登録手続きを完了した時から(ユーザ登録手続きをされない場合は本製品の使用権は発生しません)、お客様が本製品のご使用を停止された時まで、またはお客様が上記〈お客様における使用権の範囲〉を越えて使用された時までとします。またはエヌアイシィ株式会社の責によらない事情により本製品の使用が不可能になった時までとします。

5.商標
  • (1)NIS、JTCウイン、てんかく、CDdeFont、直ゴ、MIKS、JTCWINKS、リーダーズフォント、SELECTONE、着文字、彩滉、フォトフォント、ちょい丸、の語は、当社の商標または登録商標です。
  • (2)多文字接続方式の連錦体の特許権は新井重良に帰属しています。当社は正規の契約により当該の特許権を使用しています。
  • (3)その他のブランド名及び製品名はいずれも各メーカーの商標又は登録商標です。

(2013年4月1日)
エヌアイシィ株式会社フォント事業部
東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル

> ページのトップへ

スキルインフォメーションズ 使用許諾書

1.本製品の内容と知的財産権

本製品は、鑑賞、情報伝達、イメージの高揚を目的とした文字デザイン(書体デザイン)であり、これをデジタル数値とソフトウェアコンテンツにて表現したフォント(以下まとめてフォントといいます)にて構成されています。本製品を使用される方は、これらのフォントが著作物であることを認めた上でご使用ください。また、本知的財産権には本製品より得られる派生文字デザインイメージまたはそのデータ、派生フォントも含まれます。

2.お客様における使用権の範囲

お客様は本製品を1台のみのコンピュータにインストールし、当社が出力可能と定義した使用環境にて下記の使用権を有します。なお、この台数を越えて使用(複製作成)した場合は著作権法違反及び損害賠償の対象となります。

【第一次使用権の内容】

下記を第一次使用権とし使用権の対価は本製品の価格に含まれます。

  • (1)本製品から得られる派生文字デザインイメージを印刷装置に印字すること、広告看板を作成すること、映像装置に表示することができます。
  • (2)同じくWEBページの文字表現用として使用することができます。
  • (3)本製品から得られる派生フォントをPDFデータに埋め込んで配布配信することができます。
  • (4)前3項とも非営業用の個人用、自社用等の自己使用、またはお客様が特定できる第三者宛に限り受託業務用に限られます。
【第二次使用権について】

以下の場合、お客様は予め当社との個別の二次使用権契約の実施とその費用の支払いの後に実施する権利を有します。

  • (5)本製品を元にして商品や社名等の営業を目的としたロゴを作成すること、商標権等の無体財産権を取得すること。
  • (6)不特定の(お客様が配布配信先を特定できない)第三者に配布配信することを目的とした電子メディア(例:テレビ・ビデオ作品のテロップ・タイトル、PDFフォントエンベッド、ムービー、ゲーム等)に使用すること。
  • (7)サーバーにて本製品を使用すること。
  • (8)上記に記載がない事項。
【禁止事項】

お客様は下記の使用権を有しません。

  • (9)本製品の一部または全部を第三者に譲渡または貸与すること。
  • (10)本製品を元にして類似または同一の文字デザイン、フォントを作成すること。
3.保証・補償
  • (1)当社は本製品が第三者の知的所有権を侵害していないことを保証します。
  • (2)当社はお客様がユーザ登録手続きを行った後に通常のもとで欠陥無く使用できることを保証します。従って万が一本製品に瑕疵がある場合には、対象とする本製品の購入日を証明できるものを添付して送付されることにより無償にて交換します。ご購入後60日以上経過後の交換は有償となる場合があります。
  • (3)正規ユーザ登録されたお客様は適切なユーザサポート、アップグレードを受ける権利を有します。なおこれらのサービスは有償になる場合があります。
  • (4)当社は本製品のご使用により生じたいかなる損害、回復、再生、代用品の費用、第三者が被った同様の費用についても一切の責任または補償を負うことはできません。なお、係争の際の管轄裁判所は大阪地方裁判所とします。
  • (5)本知的財産がお客様により損なわれていると判断できる場合は、当社は上記の使用権を取り消すことができます。
4.契約の期間

契約期間は、お客様がユーザ登録手続きを完了した時から(ユーザ登録手続きをされない場合は本製品の使用権は発生しません)、お客様が本製品のご使用を停止された時まで、またはお客様が上記の範囲を超えて使用された時までとします。またはスキルインフォメーションズ株式会社の責によらない事情により本製品の使用が不可能になった時までとします。

> ページのトップへ

Design筆文字Font 使用許諾契約書

Design筆文字Font(以下「本製品」)の著作権その他一切の権利は光栄商事有限会社(以下「弊社」)に帰属します。お客様(法人または個人)が、本製品の購入、またお申し込みをされた場合は、使用許諾契約書(以下「本契約」)に同意していただいたものとしますので、ご了承下さい。なお、本製品受け取り後の返品および返金はできません。
※圧縮ファイルの解凍はお客様の責任において行ってください。

使用条件 ・禁止事項
  • 1.お客様は、本契約に従い、本製品をハードディスク等の記憶媒体にインストールする場合、1台のコンピュータに対し1ライセンスとし、使用することができます。社内LANやWANなど複数台でのご使用になる場合、台数分のライセンスの購入が必要になります。
  • 2.本製品は、正規にご購入いただいたお客様に限り、下記にある禁止事項に触れない範囲で、営利(広告・雑誌などの一般印刷物、看板、のれん、商品ロゴ、デジタル作品、テレビ放送での使用など)、非営利を問わずにご利用いただけます。
    本契約に定めなき事項に関して、判断がつかない場合は弊社までご相談ください。
  • 3.禁止事項
    • ・本製品の一部または全てを第三者に対し、複製、譲渡、転売、貸与、配布、販売する行為
    • ・本製品の一部または全てを変形・アレンジ・結合・修正などをして新たな書体データとして作成、及び著作物として販売する行為
    • ・FD、MO、CD-ROM、ネットワークなどを介して共有する行為
    • ・インターネットなどオンライン上でデータを供給する行為
  • 4.お客様が、本契約条項に違反した場合、本契約は弊社によって解除されます。
免責
  • 1.本製品は筆文字ですのでデザイン上独自な書き方(くずし方)をしているものがあり、仔細な所で明朝体・ゴシック体などと異なる字形をしている文字も含まれる、また、字形が完全に無欠陥でない場合もあることを了承するものとします。
  • 2.弊社は、お客様が本製品を使用、選択することによって発生した直接的、間接的もしくは波及効果による損害、データ・プログラムその他無体財産に対する損害、使用利益及び得てしかるべき利益の損失などについて一切の責任を負わないものとします。弊社が上記以外の損失について責任を負ういかなる場合においても、弊社が負担する金額はお客様が支払った本製品の購入代金額を上限とします。また、第三者からの請求についても、同様とします。
  • 3.全てのアプリケーションでご利用できることを保障するものではないことを了承するものとします。
その他
  • 1.本契約の成立、効力、解釈及び履行については日本法を準拠法とする。
  • 2.本契約によって生ずる紛争については、東京地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

※ご購入後のサポート、及び本製品に瑕疵がある場合(免責事項は除外)の交換は、購入日(代金支払日)から起算して90日間に限ります。その場合、対象となる本製品の購入日を証明できるものを添付して、弊社に送付して頂く必要がございます。

光栄商事有限会社
デジタルコンテンツ事業部
〒491-0201
愛知県一宮市奥町風田50
電話 050-2008-6772
FAX 050-2008-6772

> ページのトップへ

コーエーサインワークス 使用許諾契約書

この商品は一般的商業利用を許諾いたします
「一般的商業利用」許諾するものとは次のものを指します。

  • 1:広告、カタログ、チラシ、DM、POP等の紙媒体印刷物
  • 2:ホームページ、Webバナー等の画像の一部に使用
  • 3:看板(電飾含む)、のぼり等の屋外広告
  • 4:商品パッケージ、商品ラベルなどでのデザイン
  • 5:キャンペーンタイトル等商標登録をしないロゴ

一般商用許諾について、その他不明な点がありましたら弊社ホームページからご質問ください。

クレジット表記について

商用で商品、作品等に利用される場合は下記のクレジット表記をお願いしています。
(必ずではありません、クレジット表記ができない場合はコーエーサインワークスにご連絡ください)
「この○○で使用している文字は、コーエーサインワークスの××フォントを使用しています」
※○○はお使いになる製品名 : ××は弊社書体名です
または「(C)○○FONT.2011 (C) KOUEISIGNWORKS.2011」
※○○は弊社書体名です

本契約は本フォントソフトウェアの使用ライセンス取得契約であり、本フォントソフトウェア売買契約ではありませんので、第三者への販売又は、譲渡、貸与は禁止致します。
本フォントを商用二次製品(ソフト関連)でご利用になる時には、別途契約を必要とします。詳しくは弊社サイトをご覧下さい。
無断での商用二次製品(ソフト関連)使用は許諾しておりませんのでご了承ねがいます。

コーエーサインワークス 代表取締役 坂口太樹

昭和フォントシリーズ、ご利用、誠にありがとうございます。
本フォントの一切の権利はコーエーサインワークスに帰属しています。

> ページのトップへ

ダイナフォント使用許諾契約書

ダイナコムウェア株式会社(以下「弊社」という)は、本フォントをお客様(法人または個人)にご提供するにあたり、下記の「ご使用条件」にご同意いただくことを本フォントのお買い上げ条件としています。従って、本フォントをお申し込む前に必ず下記の「ご使用条件」をお読み下さい。なお、お客様が本フォントをお申し込みされた場合は、下記の「ご使用条件」に同意いただいたものとします。また、本フォント受け取り後の返品および返金はできません。

ご使用条件
  • (1)本フォントの著作権は、すべてDynaComware Taiwan Inc.にあります。
  • (2)お客様は、本契約に従い、本フォントをハードディスク等の記憶媒体にインストールする場合、1つのCPUに対して1ライセンスとし、使用することができます。
  • (3)フォントの商用での利用およびネットワークを介し共有して利用する場合は別途契約が必要です。
  • (4)お客様は、本フォントの複製物を第三者に譲渡、貸与、リース、または再使用許諾することはできません。
  • (5)お客様は、本フォントを非商用(個人使用、団体や企業内にて使用することにより直接的な営業収入を生じない)に限定してご使用になることができます。
  • (6)お客様は、本フォントを商用として使用する場合は、あらかじめ弊社より商用利用の許諾を得ていただくものとします。
  • (7)お客様は、本フォントの改造をしたり、このフォントから生成されたデータを元に新たな書体データを作成することはできません。
  • (8)弊社では、ユーザー登録をされたお客様に対してのみご購入してから最低1年間、本フォントに関する重大な内容の誤り(バグ)や使用方法の改良など、弊社が必要と認めた情報のみ弊社ホームページ上でお知らせいたします。
  • (9)本フォントに関する弊社の責任は上記(8)のみとさせて頂きます。お客様が本ソフトウェアを運用された結果の影響等について弊社はすべて免責とさせて頂きます。
  • (10)本契約の有効期間は、お客様が本フォントをインストールしたときから本フォントの使用を停止するまでとします。
  • (11)お客様が本契約のいずれかの条項に違反したとき、または弊社の著作件を侵害したときは、弊社は本契約を解除し、お客様のご使用を終了させることができます。
  • (12)本フォントは、将来予告なく変更されることがあります。その他、上記に記載されていない条項に関しては著作権法および関連法規に従うものとします。
  • (13)ダウンロードによる購入は自動的に弊社にてユーザ登録されます。テクニカルサポートを受ける為のユーザ登録を別途行う必要はございません。

DynaComware
ダイナコムウェア株式会社

> ページのトップへ

使用許諾契約書(ヒラギノフォント エンドユーザー用ライセンス)

このデジタル・フォント・プログラム(ヒラギノフォントに含まれるすべてのプログラム群)の使用許諾契約書は、株式会社SCREENグラフィックソリューションズ(以下「弊社」といいます)が本契約書と共にお客様に提供するデジタル・フォント・プログラム(以下「許諾プログラム」といいます)をご使用いただくにあたっての条件を定めるものです。お客様は本契約書の内容を十分にお読みいただいた上で、本契約書に定める条件に従って許諾プログラムをご使用することにご同意いただいたものとします。なお、お客様にご同意いただいた場合、弊社はお客様に許諾プログラムを売り渡すのではなく、使用権を許諾するものです。なお、お客様(法人・個人を問いません)が、本契約で使用を許諾される台数まで許諾プログラムをインストールできるのは、お客様ご自身が所有するまたは管理可能なコンピュータに限られるものとします。

第1条 定義
  • (1)「コンピュータ」とは、デジタルまたは類似の形式の情報を受け取り、それを記憶し、一連の命令に基づいて演算処理し、特定の結果を出力する電子装置を指します。
  • (2)「コンピュータ1台」とは、電子装置1台をいい、電子装置1台の中に、複数のCPUが搭載されている場合、複数のOSがインストールされている場合、複数のOSが同時起動している場合も1台と定義します。
  • (3)「許可台数」とは、当該許諾プログラム1種類につき使用が許諾されるコンピュータの台数(ライセンス数)とし、別途指定された場合を除き、1とします。
  • (4)「映像コンテンツ」とは、映像制作会社様、放送会社様、コンピュータ・グラフィックス制作会社様、アニメーション制作会社様、ゲームソフトウェア制作会社様等を含み、それらに限定されないお客様が、ディスプレイ又は投影用スクリーン上に表示される、動画・静止画を含む制作物および番組のことをいい、著作権等の知的財産権のお客様に対する帰属の有無、商用・非商用の別、および放送、CD-ROM、DVD、ビデオテープ、インターネットなどの媒体の形式を問いません。
  • (5)「デジタルコンテンツ」とは、デジタルデータ形式によってエンドユーザーに提供される制作物のことをいい、映像コンテンツおよび文字テキスト、画像、図形等を含んで構成された制作物を含み、商用・非商用の別を問いません。
  • (6)「アナログ出力」とは、当該許諾プログラムを紙、又はフィルム等のアナログ媒体に出力することをいい、当該許諾プログラムに対する本条第10項に定義されたデザインの加工を施したものの出力も含むものとします。
  • (7)「デジタル出力」とは、当該許諾プログラムをディスプレイ上に表示させることをいい、当該許諾プログラムに対する本条第10項に定義されたデザインの加工を施したものの表示も含むものとします。
  • (8)「フリップ」とは、映像コンテンツにて使用することを目的としてアナログ出力された媒体そのもの、又は当該媒体を転写、貼付等の加工処理された有体物のことをいいます。
  • (9)「テロップ」とは、映像コンテンツにおいて表示されるテキスト、記号などで構成された字幕のことをいい、テロッパー又はテロッパーソフトウエアなどによりデジタル出力されたもの、およびテロッパー又はテロッパーソフトウエアからアナログ出力されたものをカメラ等により撮影して合成され、ディスプレイに表示されたものを含むものとします。
  • (10)「デザインの加工」とは、フォントの骨格を活かし、これに対して表示効果の付加、および一定の条件の変形を加えることをいい、ワードプロセッサーソフトウエアにおける文字飾り(太らせ、斜体、下線、影付け、中抜き、浮き出し、浮き彫り等)や、文字変形などを含みます。
  • (11)「変更/改訂」とは、フォントの骨格そのものを変更することをいい、漢字の偏や旁を分離して、新たな文字(外字)の作成、文字のエレメントを伸縮、曲げなどの変形をし、新たな文字を作成することなどを含みます。
第2条 使用権の許諾
  • (1)お客様は、当該許諾プログラム1種類につき、お客様が所有する許可台数分のコンピュータにインストールし、それら許可台数分のコンピュータにおいて読み取り可能な形で当該許諾プログラムを使用することができます。
  • (2)お客様は、許可台数分のコンピュータ内の複数のアプリケーション環境それぞれに当該許諾プログラムを使用するために各アプリケーションごとに当該許諾プログラムをインストールすることができます。
  • (3)お客様は、許可台数分のコンピュータにインストールされた当該許諾プログラムに対し、デザインの加工および変更/改訂を行ってデジタル出力およびアナログ出力することができます。
  • (4)お客様は、許可台数分のコンピュータにインストールされた当該許諾プログラムを、映像コンテンツにおけるテロップ、フリップとして使用することができます。
  • (5)お客様は、許諾プログラムに基づき作成された映像コンテンツを複製、販売、頒布並びに公衆送信することができます。
  • (6)お客様は、契約期間内に制作又は放送した映像コンテンツの、契約終了後における再放送をすることができます。
  • (7)お客様は、契約期間内に制作又は放送したデジタルコンテンツの、販売、頒布をすることができます。
  • (8)お客様は、契約期間内に制作又は放送したデジタルコンテンツの、契約終了後における販売、頒布をすることができます。
  • (9)お客様は、許諾プログラムに基づき作成されたデジタルコンテンツをPDFファイル等にて複製、販売、頒布、公衆送信することができます。
  • (10)お客様は、許諾プログラムに基づき作成されたデジタルコンテンツをPDFファイル等にて複製、販売、頒布、公衆送信する際、当該デジタルコンテンツにおいて使用した文字(サブセット文字)に限り、本契約条件において許諾されている範囲内でPDFファイル等に埋め込むことができます。
  • (11)許諾プログラムに関するすべての権利は、弊社または弊社が許諾を受けた第三者に帰属します。
  • (12)本契約条件は、いかなる意味においても、許諾プログラムに関する知的財産権(特許権、実用新案権、著作権、保護されるべき営業情報などを含みます)および弊社または弊社が許諾を受けた第三者のいかなる商標、商号、もしくはサービス・マークに関する権利をお客様に移転するものではありません。
第3条 期間および終了
  • (1)本契約は、お客様が許諾プログラムを収納したCD-ROMを開封されたとき、または許諾プログラムをインストールもしくはダウンロードされたときに発効し、次項の規定により本契約が終了する場合、または、別途指定された場合を除き、お客様が許諾プログラムの使用を継続する限り無期限に効力を有するものとします。
  • (2)弊社は、30日以上前に書面によりお客様に対して通知することにより、本契約の効力を終了させることができるものとします。ただし、本項の規定は、お客様が許諾プログラムを本契約の規定に違反して使用し、かつその違反が前記30日の期間内に是正されない場合に限られるものとします。
  • (3)前項の規定により本契約の効力が終了したときは、お客様の許諾プログラムに関し第2条により弊社が許諾した使用権は消滅し、以後お客様は許諾プログラムおよびその複製物のすべてを、弊社の指示に従い、廃棄または返却するものとします。
第4条 許諾プログラムの移転等

お客様は、許諾プログラムもしくは第2条の規定により弊社が許諾した使用権を、第三者に対して譲渡し、移転しまたは再使用権の第三者への許諾、その他の処分をしてはなりません。

第5条 許諾プログラムに関する禁止事項
  • (1)お客様は、許諾プログラムをインストールまたは使用するにあたって知り得た情報を管理するものとし、第三者に開示、漏洩してはなりません。
  • (2)お客様は、許諾プログラムを逆アセンブル、逆コンパイルなどの解析等の行為をしてはなりません。
  • (3)お客様は、本契約において明示的に許諾されている場合を除き、許諾プログラムの使用、複製、改変その他の行為をしてはなりません。
  • (4)お客様は、許諾プログラムを使用して出力されたフォントのデザインと同一のもの、または一部に変形、修正、変更/改訂を加えたものを利用し、お客様の独自の商品として流通させたり、販売する等の行為をしてはなりません。
  • (5)前項の規定に拘わらず、お客様は許諾プログラムを利用して、お客様の独自の商品として流通させたり、販売する等の行為をしてはなりません。
  • (6)お客様は、故意または過失を含むいかなる場合であっても、許諾プログラムから文字情報を取り出したり、または取り出された文字情報を改変等の翻案をする等してフォントその他の二次的成果物またはデータを制作してはなりません。
  • (7)お客様は、許諾プログラムを許可台数を超えるコンピュータで使用する目的で、フロッピーディスク、CD-ROM、ハードディスクドライブ、外部記憶装置等、許諾プログラムを独立して取り出し可能な記憶媒体にインストールしてはなりません
  • (8)お客様は、許諾プログラムを使用して出力された書体を、同一又は類似の書体の字母として利用してはなりません。
  • (9)お客様は、インターネット、LAN、その他のネットワークを通じてサーバ・クライアントとして構成された環境において、当該サーバに接続された1台または複数台のクライアントで当該許諾プログラムを使用させることを目的として、当該サーバに当該許諾プログラムをインストールしてはなりません。また、サーバ上の許諾プログラムをクライアントで使用してはなりません。
  • (10)お客様は、映像コンテンツまたはデジタルコンテンツにおいて許諾プログラムを使用する場合、本契約条件にて明示的に許諾されている場合をのぞき、フォントとして機能する形態でデータを制作してはなりません。
第6条 保証
  • (1)弊社は、弊社が許諾プログラムに関する権原を有すること、およびお客様に対して許諾プログラムの使用を許諾する権原を有することを保証します。
  • (2)弊社は、弊社が許諾プログラムの使用を許可したOS(パッケージ等に表示してあります)以外での使用についていかなる保証も行いません。
  • (3)弊社は、本契約条件に明示される事項以外には、許諾プログラムに関するいかなる保証も行いません。
  • (4)弊社では、日本国外での許諾プログラムの使用についていかなる保証も行いません。
  • (5)前項の規定に拘わらず、お客様が所定事項を記入しユーザー登録を実施された場合であって、お客様が許諾プログラム(本項において「原プログラム」といいます)を受け取られた日から一年以内に弊社が許諾プログラムの誤りを修正したときは、お客様の請求に基づき、弊社は当該誤りを修正したプログラム(本項において「修正プログラム」といいます)を原プログラムと引き換えに無償でお客様に提供するものとします。この場合、修正プログラムは許諾プログラムとみなします。
  • (6)許諾プログラムの記録媒体(本項において「原媒体」といいます)に物理的欠陥が発見された場合であって、お客様が原媒体を受け取られた日から30日以内に、当該日付のある領収書またはその写しを添えて、お買い求めになった販売店に原媒体と交換に無償で欠陥のない媒体と交換するものとします。ただし、本項の規定による無償交換は、許諾プログラムの使用に支障をきたす場合に限ります。
第7条 責任の範囲
  • (1)弊社は、本契約条件に明示的に規定された場合を除き、権原に関する保証、第三者の権利を侵害しない旨の保証、設計、市場性もしくは特定の目的に対する適合性に関する保証または取引、使用もしくは商慣習から生ずる保証を含むいかなる明示的または黙示的な保証も行いません。お客様は、このことを承認したうえで許諾プログラムを使用するものとします。
  • (2)弊社は、損害発生の可能性について事前に通知を受けていた場合であっても、逸失した利益またはその他の特別損害、間接損害もしくは拡大損害について責任を負いません。また、弊社が損害賠償責任を負うことになった場合であっても、弊社の損害賠償責任は、その理由を問わず、お客様が実際に支払った許諾プログラムの代金相当額をその上限とします。
  • (3)弊社は、許諾プログラムの欠陥が深刻な事態をもたらすような、原子力施設、航空機制御、通信システムもしくは航空記飛行制御機器の稼働のために、許諾プログラムが使用されることを意図してはいません。従ってこのような意図で使用された場合、前二項が適用されるものとします。
第8条 米国政府の使用

許諾プログラムが米国の政府機関に対して提供される場合、FARの第 52.227-19条に規定された「制限を受けるコンピュータ・ソフトウェア」に分類されます。この場合、当該米国の政府機関は、上記のFARの第52.227-19条に基づいて許諾プログラムが使用されることになります。

第9条 使用許諾に関する監査権

弊社はお客様に対して第2条(使用権の許諾)、第4条(許諾プログラムの移転等)、第5条(許諾プログラムに関する禁止事項)、第8条(米国政府の使用)で許諾した範囲内で、許諾プログラムを適正に管理・運用されているか否かを監査する権限を有するものとし、必要に応じて弊社は立入り検査を行ない、監査に必要な書類もしくはその写しの提出を、お客様に対して求めることができるものとします。

第10条 権利帰属

許諾プログラムの知的財産権は弊社と弊社がライセンスを受けた正当な権原を有するライセンサーに帰属します。
Copyright (c) 2002 SCREEN Graphic and Precision Solutions Co., Ltd. and its licensors All right reserved.

第11条 準拠法

本契約は日本において該当する法律を準拠法とします。


(CS-00202)

> ページのトップへ

Monotype Imaging Inc. フォントソフトウェア・エンドユーザーライセンス契約

注:本日本語訳は参考のために提供されたもので、原本は英語版です。
万が一、英語版と日本語訳との間に解釈上の相違がある場合は、英語版が優先されるものとします。
英語版はこちら

本フォントソフトウェア・エンドユーザーライセンス契約を事後参照用に印刷しておくことをお勧めします。本フォントソフトウェア・エンドユーザーライセンス契約(「本契約」)は、(a)お客様が「ライセンス契約に同意する」もしくは類似の言葉が書かれたエリアをクリックした時点、またはその他方法(注文書、確認メール等において本契約を参照することなど)により本契約に同意した時点、または(b)お客様がCD-ROM、DVDその他の記憶媒体に「フォントソフトウェア」を取り込んだ場合には、「フォントソフトウェア」が含まれたパッケージを開いた時点で、お客様と「Monotype」との間の法的拘束力を有する契約となります。本契約により拘束されることを希望されない場合には、「フォントソフトウェア」にアクセスしたり、「フォントソフトウェア」を「使用」もしくはダウンロードしたりしないでください。本契約により拘束されることに同意される前に、本契約をよくお読みください。本契約には、本契約の第13条で定義する、大文字で記載された用語が含まれています。

お客様は、本契約により、以下のことに同意します。

1. 法的拘束力を有する合意

お客様は、本契約により拘束され、「Monotype」からお客様に提供する「フォントソフトウェア」の「使用」すべてに本契約が適用されます。

2. ライセンスの許諾

お客様は、(i)「ライセンスユニット」内に限って、(ii)お客様の「個人的利用または社内使用」に限って、かつ(iii)本契約のすべての条件に従う場合に限って、「フォントソフトウェア」にアクセスする非独占的、譲渡不能の(本契約において明示に許可される場合を除きます。)ライセンスを許諾されます。

3. 「フォントソフトウェア」の埋め込み、ならびに書体、タイポグラフィック・デザインおよび装飾の表示

お客様は、以下のすべての要件を満たす場合に限り、「フォントソフトウェア」を電子文書に埋め込むことができます。

  • (i)電子文書が「商品」でないこと、
  • (ii)埋め込まれた「フォントソフトウェア」の抽出が不可能な安全なフォーマットで頒布される電子文書であること、かつ
  • (iii)電子文書の受領者が編集目的で「フォントソフトウェア」を「使用」できる場合には、かかる文書の受領者がお客様の「ライセンスユニット」内の人であること。

お客様は、以下の場合に限り、「フォントソフトウェア」で作成した書体およびタイポグラフィック・デザインまたは装飾を表示した電子文書(「商品」を含みます。)(「GIF」等)に静止画像を埋め込むことができます。
・かかる画像が「フォントソフトウェア」の代わりとして使用されない場合、すなわち、書体等の表示が「フォントソフトウェア」の各グリフに対応せず、かつかかるデザインおよび装飾を描画するために文書ごとに個別にアドレス指定できない場合。

4. サーバーの「使用」

サーバーにアクセスできるすべての「ワークステーション」が「ライセンスユニット」の一部でない限り、「フォントソフトウェア」を、社内または社外の(すなわちインターネットアクセス)サーバー上にインストールし、またはサーバー上で「使用」することはできません。ライセンスが必要な「ワークステーション」の適切な数を決定するために、次の例を、説明目的で提示します。サーバーに接続された「ワークステーション」が100台ある場合において、同時に「フォントソフトウェア」を使用する「ワークステーション」が15台しかないが、「フォントソフトウェア」がさまざまな時に25台の異なる「ワークステーション」で使用されるときは、25台の「ワークステーション」用の「ライセンスユニット」を構築するライセンスを取得しなければなりません。

5. 商用プリンター

お客様は、印刷および閲覧する目的に限って、電子文書に「フォントソフトウェア」を埋め込み、かつ印刷目的に限って、かかる電子文書を商用プリンターに送ることができます。お客様は、特定の文書のために使用する「フォントソフトウェア」のコピーを商用プリンターに送ることができます。ただし、かかる特定の「フォントソフトウェア」を使用するライセンスを購入している、または許諾されている旨がプリンターに示されている場合に限ります。

6. 「フォントソフトウェア」の変更

お客様は、「Monotype」からお客様に提供した時点でかかる「フォントソフトウェア」が備えていない機能を追加する目的で、「フォントソフトウェア」を変更することはできません。「フォントソフトウェア」が特定の目的のためだけに許可されていることを示す埋め込みビットが「フォントソフトウェア」に含まれている場合、お客様は、埋め込みビットを変更することはできません。

7. 「フォントソフトウェア」の譲渡

本契約に明示の定めある場合を除き、お客様は、「フォントソフトウェア」またはそのコピーをレンタル、リース、サブライセンス、提供、貸与または頒布することはできません。お客様は、(i)譲受人が、本契約の条件すべてにより拘束されることに同意し、かつ(ii)お客様が、ハードウェア装置のメモリー内に保存されるすべてのコピーなど、「フォントソフトウェア」のコピーすべてを破棄することを条件として、お客様以外の個人または法人に、「フォントソフトウェア」を使用する権利すべてを譲渡することができます。お客様が企業または組織である場合、お客様は、お客様の組織内における「フォントソフトウェア」の適正「使用」に関し合理的な疑いがあるときには、「Monotype」またはその権限を有する代表者からの要請に基づき、30日以内に、要請された時点における「Monotype」「フォントソフトウェア」の「使用」が「Monotype」からの有効なライセンスに基づいていることを詳細に文書化し、かつ証明することに同意します。

8. コピー

お客様は、長期保存目的に限って、「フォントソフトウェア」のバックアップコピーを1個だけ作成することができます。また、お客様は、かかるコピーを排他的に保管および管理する権利を留保します。お客様が本契約に基づき作成することを明示に許可されるコピーには、「フォントソフトウェア」に表示されたものと同じ著作権表示、商標その他の所有権表示を付けなければなりません。本契約が終了した場合には、お客様は、「フォントソフトウェア」の原本およびすべてのコピーを破棄しなければなりません。

9. 知的財産権および工業所有権

お客様は、「フォントソフトウェア」がアメリカ合衆国およびそのさまざまな州の著作権法その他の知的財産権および工業所有権により、その他の国の著作権法その他の知的財産権および工業所有権により、ならびに国際条約により保護されることに同意します。お客様は、「フォントソフトウェア」を他の著作物(例えば書籍)と同様に取り扱うことに同意します。お客様は、本契約に明示の定めある場合を除き、「フォントソフトウェア」をコピーすることはできません。お客様は、「フォントソフトウェア」を翻案、修正、改変、翻訳、変換その他変更しないこと、または「フォントソフトウェア」もしくはその一部から「二次的著作物」を創作しないことに同意します。さらに、お客様は、かかる「フォントソフトウェア」の「二次的著作物」を創作するソフトウェアまたはハードウェアと共に「フォントソフトウェア」を使用しないことに同意します。お客様は、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルまたはその他の方法で「フォントソフトウェア」のソースコードまたは命令を明らかにしようとしないことに同意します。ただし、お客様が本条項に定める権利に著しく類似した権利を提供する欧州共同体加盟国その他の国におられる場合には、お客様は、相互運用可能なソフトウェアプログラムを作成するために十分な情報が利用可能でない場合に限って(ただし、かかる目的のためだけとし、かつ書面で要請した時点で「Monotype」から十分な情報が無償で適時に提供されない場合に限ります)、「フォントソフトウェア」をリバースエンジニアリングまたは逆コンパイルすることができます。お客様は、「Monotype」が「フォントソフトウェア」、その構造、構成、コードおよび関連ファイルに対するすべての権利、権原および利益(著作権、意匠権および商標権など、これらに対する知的財産権および工業所有権を含みます。)を所有することに同意します。お客様は、「フォントソフトウェア」、その構造、構成、コードおよび関連ファイルが「Monotype」の価値のある財産であること、および本契約により明示に許可されない「フォントソフトウェア」の故意のまたは過失による「使用」が知的財産権および工業所有権の侵害にあたることに同意します。
お客様は、商標所有者の名前の識別など、認められた商標慣行に従い、「フォントソフトウェア」に関する商標を使用することに同意します。商標は、「フォントソフトウェア」が作成する印字出力を識別するためだけに用いることができます。本契約において許諾される商標の「使用」は、かかる商標の所有権をお客様に与えるものではありません。また。商標の使用は、すべて、「Monotype」だけに利益を及ぼすものとします。お客様は、「フォントソフトウェア」の商標または商号の表示を変更することはできません。

10. 限定的保証

「Monotype」はお客様に対し、「フォントソフトウェア」が「フォントソフトウェア」の引き渡し後30日間、そのドキュメントに実質的に従って機能することを保証します。お客様は、保証に関する請求を行うときは、30日間の保証期間内に「フォントソフトウェア」をお客様の受領書のコピーを添えて返却するものとし、また、当該「フォントソフトウェア」がオンラインで購入されたものである場合は、お客様の「フォントソフトウェア」の購入に関して、「Monotype」がその取引の存在と日付を確認するための十分な情報を添えて、オンラインの販売者に問い合わせするものとします。「フォントソフトウェア」がそのドキュメントに実質的に従って機能しない場合、すべての排他的かつ累積的な責任および救済手段は、「フォントソフトウェア」の納入のためにお客様が「Monotype」に支払ったライセンス料金の返金に限られます。
「Monotype」は、お客様が「フォントソフトウェア」を使用することにより得ることができる性能または結果については保証しません。前記は、「Monotype」の保証の違反に対する唯一かつ排他的な救済手段を定めたものです。前記の限定的保証を除き、「Monotype」は、明示または黙示を問わず、第三者の権利の不侵害、商品性または特定目的への適合性に関し、一切表明または保証しません。いかなる場合においても、「Monotype」は、次のものについては、お客様または第三者に対し責任を負いません。(I)派生的、付随的または特別損賠(逸失利益、データ喪失、事業機会の喪失または節減の喪失などが含まれますが、これに限りません)。かかる責任の否認は、「Monotype」がかかる損害の可能性について通知されていた場合においても同様とします。または(II)かかる損害を請求する第三者からお客様に対して行われた請求。かかる責任の否認は、「Monotype」がかかる損害の可能性について通知されていた場合においても同様とします。州または裁判管轄によっては、付随的、派生的または特別損害賠償の制限の除外を認めていない場合がありますので、上記の除外がお客様に適用されないことがあります。また、州または裁判管轄によっては、黙示の保証の除外または黙示の保証が続く期間の制限を認めていない場合がありますので、上記の制限がお客様に適用されないことがあります。法律により最大限認められる範囲で、本契約により有効に除外されない黙示の保証は、90日間に制限されます。裁判管轄によっては、製品が人身傷害または死亡を招いた場合における黙示の保証の制限を認めていない場合がありますので、かかる制限がお客様に適用されないことがあります。こうした裁判管轄においては、お客様は、かかる人身傷害または死亡に対する「Monotype」の責任が100,000ドルを超えないことに同意します。ただし、かかる裁判管轄がかかる責任の制限を認めている場合に限ります。本保証は、お客様固有の法的権利を付与するものです。お客様は、州または裁判管轄によって異なるその他権利を有する場合があります。「フォントソフトウェア」は、返却不要かつ返金不能とします。

11. 解除

お客様(またはお客様が「フォントソフトウェア」の「使用」許可を与えた許可者もしくはお客様の近親者)が本契約の条件を順守しない場合、「Monotype」は、通常の郵便、ファックスまたは電子メールにより通知して、本契約を解除する権利を有します。本契約の解除は、「Monotype」が本契約の違反による損害賠償をお客様に請求することを妨げるものではありません。本契約は、権限を有する「Monotype」の役員が署名した書面によってのみ変更することができます。

12. 標準規程

お客様は、準拠法、裁判管轄、輸出規制及び米国政府契約に関する規定を含む「Monotype」の標準規程(http://www.fonts.com/info/legal/terms-and-conditions-of-business)に別途同意します。標準規程と本契約が抵触する場合は、本契約が有効とします。

13. 定義
「基本ライセンスユニット」

不揮発性メモリー(ハードディスク等)を有する1台のプリンターのみを接続した最高5台の「ワークステーション」を意味します。お客様は、「基本ライセンスユニット」により許可される台数を超える機器で「フォントソフトウェア」を使用することを意図する場合には、追加手数料と引き換えに、かかるすべての機器のライセンス拡張を「Monotype」から取得することにより、「拡張ライセンスユニット」を構築しなければなりません。

「商品」

商品またはお客様の事業活動のその他結果として不特定多数の人々(または不特定多数の人々の一部)に対して販売に供する、「フォントソフトウェア」の「使用」により作成される電子文書またはデータファイルを意味します。一例として挙げると(ただし、これに限るものではありません)、有料で頒布される電子ブックまたは雑誌は、「商品」とみなされます。かかる文書(ビジネスレター、イベントのチケット、または衣料品などの有形物の購入の受領書)に対して対価が関係しない、商取引に関して配付される文書は、「商品」とはみなされません。

「二次的著作物」

いかなる形であれかかるバイナリデータが書き直し、変形または翻案される、「フォントソフトウェア」(または「フォントソフトウェア」の一部)に基づく、またはこれらから派生するバイナリデータ(「フォントソフトウェア」が変換されるあらゆるフォーマットのバイナリデータなどが含まれますが、これに限りません。)を意味します。

「拡張ライセンスユニット」

お客様と「Monotype」との間で合意する、お客様の「ライセンスユニット」に含まれる、不揮発性メモリーを有する「ワークステーション」またはプリンターの台数を意味します。

「フォントソフトウェア」

適切な装置で使用される時に、書体、タイポグラフィック・デザインおよび装飾を作成するソフトウェアまたは命令を意味します。「フォントソフトウェア」には、「フォントソフトウェア」により作成され、または「フォントソフトウェア」から派生する書体、タイポグラフィック・デザインおよび装飾のすべてのビットマップ表示を含みます。「フォントソフトウェア」には、アップグレードまたは更新(いずれも、「Monotype」が自己の裁量でお客様に提供します)、関連ファイル、許可された修正、許可されたコピーおよび関連文書を含みます。

「ライセンスユニット」

かかる用語が使用される文脈において適切な「基本ライセンスユニット」または「拡張ライセンスユニット」を意味します。お客様が「フォントソフトウェア」ライブラリすべて(つまり、500以上の異なる書体デザイン用の「フォントソフトウェア」の単一ライセンス)を取得した場合、「ライセンスユニット」は、不揮発性メモリーを有する2台のプリンターに限って接続された最高20台の「ワークステーション」を意味します。

「Monotype」

総じて、Monotype Imaging社、その承継人および譲受人、その親会社および関係会社、その公認販売店、ならびに本契約に基づきお客様に供給する「フォントソフトウェア」のコンポーネントの一部または全部を「Monotype」にライセンス付与しているあらゆる第三者を意味します。

「個人的利用または社内使用」

お客様による一般的な個人的利用または社内使用のために「フォントソフトウェア」を「使用」する事を意味し、「フォントソフトウェア」またはそのコンポーネントもしくは「二次的著作物」の頒布を意味しません。「個人的利用または社内使用」には、お客様の近親者、お客様の認定従業員またはお客様の権限を有する代理人である人による、お客様の「ライセンスユニット」の範囲内における「フォントソフトウェア」の「使用」を含みます。

「使用」

「フォントソフトウェア」の「使用」は、「フォントソフトウェア」が存在する場所にかかわらず、「フォントソフトウェア」に対する命令(キーボードその他によるか否かを問いません。)を与えることができる時に行われたものとします。また、「フォントソフトウェア」の「使用」は、ソフトウェアまたは命令が実行された時にも行われます。

「ワークステーション」

「フォントソフトウェア」が存在する場所にかかわらず、「フォントソフトウェア」に対する命令(キーボードその他によるか否かを問いません。)を与えることができる、または「フォントソフトウェア」を実行できるハードウェアコンポーネントを意味します。

「Monotype」は、米国特許商標庁その他の場所において登録されたMonotype Imaging社の商標です。その他商標は、すべて、それぞれの所有者の財産です。Monotypeの郵送宛先:500 Unicorn Park Dr., Woburn, Massachusetts 01801, USA。

Monotype Imaging Inc. FONT SOFTWARE END USER LICENSE AGREEMENT

We recommend that you print this Font Software End User License Agreement for further reference.
This Font Software End User License Agreement (the "Agreement") becomes a binding contract between you and Monotype (a) when you click on the area marked "ACCEPT LICENSE AGREEMENT," or similar language or when you accept the Agreement by other means (for instance referring to the Agreement in a purchase order, a confirmation email etc.) or, (b) if you are acquiring Font Software on a CD-ROM, DVD or other storage media, when you open the package in which the Font Software is contained. If you do not wish to be bound by the Agreement, you cannot access, Use or download the Font Software. Please read this entire Agreement before agreeing to be bound. The Agreement contains capitalized terms that are defined in Section 13 of the Agreement.

You hereby agree to the following:

1. Binding Agreement

You are bound by the Agreement and you acknowledge that all Use of the Font Software supplied to you by Monotype is governed by the Agreement.

2. License Grant

You are hereby granted a non-exclusive, non-assignable, non-transferable (except as expressly permitted herein) license to access the Font Software (i) only in a Licensed Unit, (ii) only for your Personal or Internal Business Use, and (iii) only subject to all of the terms and conditions of the Agreement.

3. Embedding Font Software and Representations of Typeface and Typographic Designs and Ornaments

You may embed the Font Software only into an electronic document that (i) is not a Commercial Product, (ii) is distributed in a secure format that does not permit the extraction of the embedded Font Software, and (iii) in the case where a recipient of an electronic document is able to Use the Font Software for editing, only if the recipient of such document is within your Licensed Unit.
You may embed static graphic images into an electronic document, including a Commercial Product, (for example, a "gif") with a representation of a typeface and typographic design or ornament created with the Font Software as long as such images are not used as a replacement for Font Software, i.e. as long as the representations do not correspond to individual glyphs of the Font Software and may not be individually addressed by the document to render such designs and ornaments.

4. Server Use

The Font Software may not be installed or Used on an internal or external (i.e., internet accessed) server unless all Workstations that can access such server are part of a Licensed Unit. For the purpose of determining the proper number of Workstations for which a license is needed, the following example is supplied for illustration purposes only: If there are 100 Workstations connected to the server, with no more than 15 Workstations ever using the Font Software concurrently, but the Font Software will be used on 25 different Workstations at various points in time, a license must be obtained which creates a Licensed Unit for 25 Workstations.

5. Commercial Printers

You may embed the Font Software in an electronic document solely for print and view and provide such electronic document to a commercial printer for printing only. You may take a copy of the Font Software used for a particular document to a commercial printer provided that the printer represents to you that it has purchased or been granted a license to use that particular Font Software.

6. Alterations to Font Software

You may not alter Font Software for the purpose of adding any functionality that such Font Software did not have when delivered to you by Monotype. If the Font Software contains embedding bits that indicate that the Font Software is only authorized for certain purposes, you may not change or alter the embedding bits.

7. Transfer of the Font Software

You may not rent, lease, sublicense, give, lend, or further distribute the Font Software, or any copy thereof, except as expressly provided herein. You may transfer all your rights to use the Font Software to another person or legal entity provided that (i) the transferee accepts and agrees to be bound by all the terms and conditions of the Agreement and (ii) you destroy all copies of the Font Software, including all copies stored in the memory of a hardware device. If you are a business or organization, you agree that in case of a reasonable doubt with regard to the proper Use of the Font Software within your organization, upon request from Monotype or its authorized representative, you will within thirty (30) days fully document and certify that Use of any and all Monotype Font Software at the time of the request is in conformity with your valid licenses from Monotype.

8. Copies

You may make one back-up copy of Font Software for archival purposes only, and you shall retain exclusive custody and control over such copy. Any copies that you are expressly permitted to make pursuant to the Agreement must contain the same copyright, trademark, and other proprietary notices that appear on or in the Font Software. Upon termination of the Agreement, you must destroy the original and any and all copies of the Font Software.

9. Intellectual and Industrial Property Rights

You agree that the Font Software is protected by the copyright law and other intellectual and industrial property rights of the United States and its various States, by the copyright law and other intellectual and industrial property rights of other nations, and by international treaties. You agree to treat the Font Software as you would any other copyrighted material, such as a book. You may not copy the Font Software, except as expressly provided herein. You agree not to adapt, modify, alter, translate, convert, or otherwise change the Font Software, or to create Derivative Works from Font Software or any portion thereof. You further agree not to use Font Software in connection with software and/or hardware which create Derivative Works of such Font Software. You agree not to reverse engineer, decompile, disassemble, or otherwise attempt to discover the source code or instructions of the Font Software, provided, however, that if you are located in a European Community member country or any other country which provides rights materially similar to the rights set forth in this provision, you may reverse engineer or decompile the Font Software only to the extent that sufficient information is not available for the purpose of creating an interoperable software program (but only for such purpose and only to the extent that sufficient information is not provided in a timely manner free of charge by Monotype upon written request). You agree that Monotype owns all right, title and interest in and to the Font Software, its structure, organization, code, and related files, including all intellectual and industrial property rights therein such as copyright, design and trademarks rights. You agree that the Font Software, its structure, organization, code, and related files are valuable property of Monotype and that any intentional or negligent Use of the Font Software not expressly permitted by the Agreement constitutes an infringement of intellectual and industrial property rights.
You agree to use trademarks associated with the Font Software according to accepted trademark practice, including identification of the trademark owner's name. Trademarks can only be used to identify printed output produced by the Font Software. The use of any trademark as herein authorized does not give you any rights of ownership in that trademark and all use of any trademark shall inure to the sole benefit of Monotype. You may not change any trademark or trade name designation for the Font Software.

10. Limited Warranty

Monotype warrants to you that the Font Software will perform substantially in accordance with its documentation for the thirty (30) day period following delivery of the Font Software. To make a warranty claim, you must, within the thirty (30) day warranty period, return the Font Software to the location from which you obtained it along with a copy of your receipt or, if such Font Software is acquired on-line, contact the on-line provider with sufficient information regarding your acquisition of the Font Software so as to enable Monotype to verify the existence and date of the transaction. If the Font Software does not perform substantially in accordance with its documentation, the entire, exclusive, and cumulative liability and remedy shall be that Monotype will use reasonable efforts to cause the Font Software to conform to the documentation as soon as commercially practicable.
MONOTYPE DOES NOT WARRANT THE PERFORMANCE OR RESULTS YOU MAY OBTAIN BY USING THE FONT SOFTWARE. THE FOREGOING STATES THE SOLE AND EXCLUSIVE REMEDIES FOR MONOTYPE'S BREACH OF WARRANTY. EXCEPT FOR THE FOREGOING LIMITED WARRANTY, MONOTYPE MAKES NO REPRESENTATIONS OR WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, AS TO NON-INFRINGEMENT OF THIRD PARTY RIGHTS, MERCHANTABILITY, OR FITNESS FOR ANY PARTICULAR PURPOSE. IN NO EVENT WILL MONOTYPE BE LIABLE TO YOU OR ANYONE ELSE (I) FOR ANY CONSEQUENTIAL, INCIDENTAL OR SPECIAL DAMAGES, INCLUDING WITHOUT LIMITATION ANY LOST PROFITS, LOST DATA, LOST BUSINESS OPPORTUNITIES, OR LOST SAVINGS, EVEN IF MONOTYPE HAS BEEN ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGES, OR (II) FOR ANY CLAIM AGAINST YOU BY ANY THIRD PARTY SEEKING SUCH DAMAGES EVEN IF MONOTYPE HAS BEEN ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGES. Some states or jurisdictions do not allow the exclusions of limitations of incidental, consequential or special damages, so the above exclusion may not apply to you. Also, some states or jurisdictions do not allow the exclusions of implied warranties or limitations on how long an implied warranty may last, so the above limitations may not apply to you. To the greatest extent permitted by law, any implied warranties not effectively excluded by the Agreement are limited to ninety (90) days. Some jurisdictions do not permit a limitation of implied warranties where the product results in physical injury or death so that such limitations may not apply to you. In those jurisdictions, you agree that Monotype's liability for such physical injury or death shall not exceed One Hundred Thousand Dollars (U.S. $100,000), provided that such jurisdictions permit a limitation of such liability. This warranty gives you specific legal rights. You may have other rights that vary from state to state or jurisdiction to jurisdiction. The Font Software is non-returnable and nonrefundable.

11. Termination

Upon failure by you (or any authorized person or member of your immediate household to whom you have given permission to Use the Font Software) to comply with the terms of this Agreement, Monotype shall be entitled to terminate this Agreement upon notice by regular mail, telefax or email. The termination of the Agreement shall not preclude Monotype from suing you for damages of any breach of the Agreement. The Agreement may only be modified in writing signed by an authorized officer of Monotype.

12. Terms and Conditions

You have separately agreed to Monotype's standard Terms and Conditions (http://www.fonts.com/info/legal/terms-and-conditions-of-business) which include provisions relating to governing law and jurisdiction, export restrictions and U.S. government contracts. In the case of a conflict between the Terms and Conditions and this Agreement, this Agreement shall control.

13. Definitions:
"Basic Licensed Unit"

means up to five (5) Workstations connected to no more than one (1) printer with a non-volatile memory (for example, a hard drive). If you intend to use the Font Software on more equipment than permitted by a Basic Licensed Unit, you must create an Expanded Licensed Unit by obtaining from Monotype, for an additional fee, a license extension for all such equipment.

"Commercial Product"

means an electronic document or data file created by Use of the Font Software which is offered for distribution to the general public (or to some subset of the general public) as a commercial product or other result of your business activity. By way of illustration and not by way of limitation, an electronic book or magazine distributed for a fee shall be considered a Commercial Product; a document distributed in connection with a commercial transaction in which the consideration is unrelated to such document (for example, a business letter, a ticket for an event, or a receipt for purchase of tangible goods such as clothing) shall not be considered a Commercial Product.

"Derivative Work"

means binary data based upon or derived from Font Software (or any portion of Font Software) in any form in which such binary data may be recast, transformed, or adapted including, but not limited to, binary data in any format into which Font Software may be converted.

"Expanded Licensed Unit"

means the number of Workstations and/or printers with a non-volatile memory contained in your Licensed Unit as agreed between you and Monotype.

"Font Software"

means software or instructions which, when used on an appropriate device or devices, generates typeface and typographic designs and ornaments. Font Software shall include all bitmap representations of typeface and typographic designs and ornaments created by or derived from the Font Software. Font Software includes upgrades or updates (each of which may be provided to you by Monotype in its sole discretion), related files, permitted modifications, permitted copies, and related documentation.

"Licensed Unit"

means a Basic Licensed Unit or an Expanded Licensed Unit as is appropriate to the context in which the term is used. If you have acquired an entire Font Software Library (that is, a single license for Font Software for 500 or more different typeface designs) then "Licensed Unit" shall mean up to twenty (20) Workstations connected to no more than two (2) printers with non-volatile memories.

"Monotype"

means collectively Monotype Imaging Inc., its successors and assigns, its parent and affiliated corporations, its authorized distributors, and any third party that has licensed to Monotype any or all of the components of the Font Software supplied to you pursuant to the Agreement.

"Personal or Internal Business Use"

means Use of the Font Software for your customary personal or internal business purposes and shall not mean any distribution whatsoever of the Font Software or any component or Derivative Work thereof. "Personal or Internal Business Use" shall include Use of the Font Software within your Licensed Unit by persons that are members of your immediate household, your authorized employees, or your authorized agents.

"Use"

of the Font Software shall occur when an individual is able to give commands (whether by keyboard or otherwise) that are followed by the Font Software, regardless of the location in which the Font Software resides. "Use" of the Font Software shall also occur when the software or instructions are executed.

"Workstation"

means a hardware component in which an individual is able to give commands (whether by keyboard or otherwise) that are followed by the Font Software or implement the Font Software, regardless of the location in which the Font Software resides.

"Monotype" is a trademark of Monotype Imaging Inc. registered in the U.S. Patent and Trademark Office and elsewhere. All other trademarks are the property of their respective owners. Monotype's mailing address is: 500 Unicorn Park Dr., Woburn, Massachusetts 01801, USA.

> ページのトップへ

今田欣一デザイン室 使用許諾契約書

有限会社今田欣一デザイン室は、このOpenTypeを購入された方に以下の条件のもとで使用を許可します。

1.
このOpenTypeフォントの著作権などの一切の権利は有限会社今田欣一デザイン室に帰属しています。購入された方は購入によって使用権を得るだけとします。

2.
このOpenTypeフォントを購入された方は一台の機器にかぎって使用することができます。1台の機器のみにインストールしたものであれば複数人で使用してもかまいません。

3.
このOpenTypeフォントを複製、改変、配布することは禁じます。

4.
このOpenTypeフォントを使用した際に発生した機器およびソフトウエアの故障、誤動作、誤出力、ウイルスへの感染などに関して、有限会社今田欣一デザイン室は責任を負わないものとします。

有限会社今田欣一デザイン室

> ページのトップへ

REN FONT / タイポグラフィクス蓮 使用許諾について

はじめに

本契約書においては、REN FONT / タイポグラフィクス蓮を「弊社」、お客様を「お客様」もしくは「ユーザ様」と表記し、2者の間に交わされる条件を定義します。甲乙による表記はいたしません。

弊社製品をご利用頂くためには、以下の条項にご同意頂く必要がございます。ご使用を開始する前に、以下の条項をお読み頂き、ご同意の上ご使用を開始してください。

弊社製品は、販売されるのではなく、使用許諾されるものです。弊社製品の全権利は弊社が所有し、弊社は、本契約の条項によってのみ弊社製品をコピー、ダウンロード、インストール、使用することをお客様に許諾します。また、本契約によってのみ弊社の知的財産を利用することを許諾いたします。

正規の流通経路を経由して弊社の製品を第一次流通にて入手されたお客様で、本ライセンス契約にご同意いただけない場合は、

  • ・弊社よりの直販にてお求めいただいた場合、弊社製品とシリアルナンバー、お客様のお使いの銀行名、支店名、普通預金口座番号を弊社まで郵送にてご返送頂き、弊社製品に関わる全てのデジタルビットを破棄して下さい。代金を返金させて頂きます。その際は、ご郵送代金はお客様のご負担にてお願い申し上げます。
  • ・弊社許諾の第一次流通であるダウンロード購入サイトにおいてお求め頂いた場合は、ダウンロード製品の性質上、ダウンロード前にライセンス契約にご同意頂いているという点、また返金に対する対応としてお客様が弊社ソフトウェアの破棄をしていただいたという実証が論理的・科学的にできないという点において、返金に応じることができません。予めご了承下さい。

なお、弊社製品の瑕疵による返金のご要望は、弊社による検証を経て瑕疵と認められるものに対し、ライセンスご購入時の販売価格の返金および郵送費用の負担のみを致します。

弊社製品のうち、フォントソフトウェアは、デジタル処理にて文字形状を画面表示および印刷するための「ソフトウェア」です。また、弊社製品のうち、アプリケーションソフトウェアは、デジタル処理にて文字形状を制作するための「ソフトウェア」です。

ソフトウェアには著作権と所有権が法的に認められており、弊社製品についての全ての権利は弊社が所有しています。準拠法は日本法とし、法に反する全ての利用に関しては依拠する法の最大解釈による法的訴追が行われ、違法使用者が法手続の費用を全て弁済する義務を負います。文字形状そのものについても意匠権が存在しますので、本ライセンス契約を逸脱する二次著作物については法的訴追の対象となります。

弊社製品に含まれるデジタルビットは全て、法、法に準じた他社との経済的正規契約、公開・非公開技術情報の正規ライセンス契約により成り立っています。弊社製品のに含まれるデジタルビットを本ライセンス契約を逸脱する形で1ビットでも変更することは違法です。

本契約書はソフトウェアの使用に関しての原則的契約を定義するもので、個別の製品のライセンスについてはそれぞれ個別の製品に付属のライセンス契約書に記載された条件に従う場合があります。

弊社製品は、それぞれの販路により別途のインストール方法を設定している場合があり、そのような販売形態の製品のインストーラは弊社の責任範囲外となる場合があります。

第1条 定義
REN FONT / タイポグラフィクス蓮

REN FONT / タイポグラフィクス蓮は、日本国千葉県柏市大島田154-23に住所を置き、書体企画・書体制作・販売を行う個人企業です。

デジタル

情報の有無を数値のゼロおよび1により表現する手段を指します。これには2進法、10進法、16進法等の表記方法を含みます。

コンピュータ

2進法、10進法、16進法、またはそれに類する方法で電子的に記述された情報を、演算装置と応用ソフトウェアにより処理し、特定の結果を出力する電子計算機を指します。

プログラム

コンピュータ上で特定の出力結果を得るために、データの処理方法を定義し、テキストファイルもしくはバイナリデータとして組み上げた応用ソフトウェアのことを指します。

ソフト

本書ではプログラムと同義とします。

ネットワーク

個人、法人、およびコンピュータ間において相互理解可能な伝達方法により意志およびデジタルデータを伝達する手段を指します。

サーバ

特定のデジタルデータを貯蔵、配信するためのコンピュータを指します。

ビット

コンピュータで表現される全ての情報の元になる電子の有無、およびその代替表現手段による情報の有無の表現を指します。

電子メディア

フロッピーディスク、フラッシュメディア、ハードディスク、CD-ROM、CD-R/RW、DVD-ROM、DVD-RAM、DVD- R/RW、DVD +R/RW、MO、ZIP、JAZ、PD、SuperDisk等の、情報を電子情報として二進法、十進法、十六進法記述できる全ての情報保持機器を指します。パンチカードやバイナリをプリントできる印刷媒体もまた、2進法、10進法、16進法記述にて情報を保持できるため、電子メディアに含まれます。

弊社製品

正規の流通経路を経由してお客様に届いた、弊社製品をご利用頂くための電子メディアに含まれる全デジタルビットを指します。

正規の流通経路

弊社が法的に正式な経済的契約を結び製品をおろしている業者および個人が運営する販売経路を指します。これには、弊社自身による販売も含まれます。

第一次流通

正規の流通経路によるお客様との直接の販売が行われた場合の金銭授受を指します。

第二次流通

第一次流通以外の流通経路による販売による、弊社が認知していないビットの送受信、またそれにかかる金銭授受(ゼロ円を含む)を第二次流通とします。

ライセンス

ライセンスとは、弊社がお客様にご提供する、定期の限定的領域における弊社製品の使用権を指します。

非独占的使用権

弊社製品は、不特定多数のお客様に対して同一のデジタル処理による文字形状再現プログラムを提供するものですので、弊社製品を単一のお客様が独占的に使用することはできないことを示します。

ロゴタイプ

商号、商品名、雑誌名、書名等を装飾し、それらによって代表される物品・概念を端的に表現するための書体の使われ方の一形態を指します。一般に、ロゴタイプは特許庁への申請および登録完了によって確定した商標として取り扱われ、登録内容を記述した法的文書に明記される限定的な範囲において排他的な権利を有するものとなります。

第2条 基本取引形態

弊社製品は、適正対価お払い込み1回に対し、非独占的使用権1ライセンスが、個人ユーザ様においてはお一人のユーザ様、営利団体様においては登記済会社の経営者様へのみ貸与されます。製品の所有権の委譲ではありません。

製品価格は弊社ウェブ、注文書、およびダウンロードサイトにおいて明示された金額を適用します。この価格は、弊社により予告なしに改定される場合があります。その場合、遡及して過去の価格との差額の返金を行うことはありません。

ライセンス形態が多種ある製品に関しましては、基本パッケージをお買い求め頂いた上で、それぞれのライセンス適用範囲に合わせライセンスのアップグレードを行って頂く必要がございます。アップグレードに掛かる費用につきましては、第4条をご参照ください。

第3条 ライセンスの発効

ライセンスはユーザ様がユーザ登録を完了し、弊社が登録を認知した時点で発効します。
弊社直販によるご購入の場合は、製品付属のユーザ登録用紙のご返送の弊社着により発効と致します。
ダウンロード販売によるご購入の場合は、ダウンロードサイトにおいて必要なお客様の情報のご登録を行っていただき、ライセンス契約書への同意を経て課金、ダウンロードしていただく一連の経緯をもって、ライセンスの発効が行われます。
ここで発効されるライセンスは、第4条第3項に定める「印刷用シングルライセンス」になります。

第4条 ライセンスの分類と適用範囲
第1項 ライセンスの分類

弊社フォントソフトウェア製品には、シングルライセンス形態が4種、ボリュームライセンス形態が1種あります。全て、非独占的使用権ライセンスとなっております。

シングルライセンス:
1 印刷用シングルライセンス(基本パッケージ。基本価格)
2 二次創作許諾ライセンス(印刷ライセンスの2倍の価格)
3 映像使用可能ライセンス(印刷ライセンスの3倍の価格)
4 フルライセンス(初期契約料として基本価格の3倍、他オプションに従い必要費用)

高位の数字のライセンスは、下位の数字のライセンスを内包します。高位の数字のライセンスになるほど、ライセンスフィーが高額になります。
非営利活動であり個人的な用途に限られる利用の場合には、本ライセンス契約の条項を遵守する限りにおいては、所有ライセンス形態にかかわらず自由な利用が可能です。
個人的な用途とは、ご本人、もしくはご家族のみでご使用頂く場合の使用範囲を指します。

ボリュームライセンス:
1 印刷用ボリュームライセンス(基本価格の3倍の価格、インストール台数制限の緩和)
なお、お買い求め頂いた時点でのライセンス形態は、本条第3項第1目に定義の印刷用シングルライセンスのみの適用となっています。上位ライセンスへの移行は、添付のライセンスアップグレード申請書に必要項目をご記入いただき、郵送もしくはFaxにて弊社までお寄せ下さい。
ライセンス費用のお支払いについては、基本価格分を差し引いた価格がお支払いいただく価格となります。

第2項 共通する適用範囲
  • ・非独占的使用権1ライセンスにつき、
     弊社直販により購入されたお客様は、フォントソフトウェアの収録されている電子メディアを1つ所有することが許諾されます。
     なお、電子メディアの将来的な破損に備え、合理的な回数メディアのバックアップが許諾されます。
     ダウンロード販売により購入されたお客様は、お客様所有の電子メディアにのみバックアップが合理的な回数許諾されます。
  • ・ライセンス所有者の所有するコンピュータ1台を動作させるオペレーションシステムのシステムフォルダ内のフォントフォルダにインストールすることが許諾されます。
  • ・インストールを行ったコンピュータ上で弊社製品に収録される文字形状再現プログラムの動作と付加機能プログラムのハードディスク上での保持、動作が許諾されます。
※ネットワークストレージへのバックアップは、イントラネット・インターネット共に許諾されません。

第3項 印刷用ライセンスの適用範囲

印刷・ウェブ画像等の制作に弊社フォントソフトウェア製品をご利用いただく場合は、本項が適用されます。

第1目 印刷用シングルライセンスの適用範囲
 営利活動において弊社製品をご利用いただく場合は、許諾されるプログラム動作が以下のものに限られ、ライセンス所有者およびライセンス所有者と直接的経済利益関係にある第三者にのみ経済的利益をもたらす範囲に於いてご使用いただきます。インストール可能な台数は、1台のみとなります。
 なお、Windows、Macintosh両用のフォントフォーマット(OpenType)においては、各1台づつのみとなります。

  • (1) 書体形状プログラムのコンピュータモニタ上での再現
  • (2) 書体形状プログラムの印刷物上での再現
  • (3) 書体形状プログラムのアウトライン化および変形
  • (4) 書体形状プログラムのPDF書類およびPostScript書類およびEPS書類への埋込

この4カテゴリ以外へのライセンス適用は許諾しません。
※埋込が全文字になる場合、もしくはそれに類する状態になる事が明らか、かつ外部にそのデータを供与する場合は、データを改変できないように論理的にロックしてください。

第2目 印刷用ボリュームライセンスの適用範囲
 プログラム動作に関しては本項第1目に定義する範囲と同じ範囲でお使い頂け、インストール台数の制限を1事業所様全てのコンピュータに拡張したライセンスとなります。
 法人様のみお買い求め頂けます。
 ここでいう1事業所とは、
 ・多店展開されている法人様では本店、本部、支店・出張所、またそれらに類する店舗をそれぞれ1事業所と数えます。

第4項 二次創作許諾ライセンスの適用範囲

ロゴタイプに転用する等の二次創作に関わる用途で弊社フォントソフトウェア製品をご利用いただく場合は、本項が適用されます。
・印刷ライセンスの適用範囲に加え、
 (5) 特許庁へ申請し登録商標化する意図のあるロゴマーク・ロゴタイプに転用可(5案件まで)
 のオプションが加わります。この際、必ず弊社へ転用した旨のご報告をいただく必要がございます。
 これは、登録商標化等による将来の係争を事前防止するために必要です。
 (価格が高くなるのは、係争防止の事前示談を済ませているという証明の為に必要な費用です。)
 なお、文字デザイン総体の著作権は弊社が全権保有をしており、この場合のライセンスでも貸与されるライセンスは「非独占的使用権」であることにご注意下さい。お客様に許諾される権利は、

  • ・公文書上に定義された特定用途での、限定的な文字列の再現に限られ、5案件までは本ライセンスで登録商標をお作りいただけます。それ以上の登録商標をお作りいただく場合は、必ずライセンスの追加ご購入をお願いいたします。
     ※登録商標化等の意図のないロゴマーク・ロゴタイプについては、印刷ライセンスのみで行っていただけますが、その際は「Typeface (c) 書体名 Typographics REN.」の一文を可視の大きさで入れた形で図案化していただくか、同文を清刷や説明書類に明記するか、どちらかの方法を必ずとって下さい。清刷・説明書類に明記して頂いた場合、図案に入れ込んで頂く必要はございません。このような使用方法の際(確定した商標として取り扱われない、つまり商標としての権利を主張しない用途において屋号等の図案化をすること)は、弊社への申請は必要ありません。この場合、その図案は法的な商標権利を有さない図表として扱われ、お客様はその図表に対し一般的に著作物としての権利を主張できないことにご注意ください。
     ※ロゴマーク・ロゴタイプ以外への二次創作転用は許諾しません。
第5項 映像使用可能ライセンスの適用範囲

映像作品(映画・アニメ等のタイムラインを必要とするもの)への用途で弊社フォントソフトウェア製品をご利用頂く場合は、本項が適用されます。
・本条第3項、第4項に定義される適用範囲に加え、
 (6) 映像作品のコンポジット部品に使用可能
 のオプションが加わります。
 ※弊社フォントソフトウェア製品は、印刷用途に特化した作りとなっております。そのため、テロップに使用される際、アンチエイリアシングによる色損壊が起こる可能性があります。このため、使用範囲をコンポジット部品での使用に限定させて頂きます。
 ※映像の規格(NTSC、PAL、HD等)の差異により、文字の再現がそれぞれの規格によって弊社の予期するものと異なる状態になる可能性があります。事前にこれらの差異を最小にすべく、印刷用途とは別のアプローチで安定再現をするための機能を付与してはありますが、完全に事前調整するためには、文字形状のそれぞれの規格に合わせての微調整が必要となり、同一フォントデータで全ての規格に対応させることはフォント技術上できません。そのため、事後調整等が必要になる可能性があります。映像使用可能ライセンスの価格は、このための費用を上乗せした価格になります。(事後調整費用が本適用範囲のライセンス価格と基本価格の差分の金額で納まることを保証するものではありません。)

第6項 フルライセンスの適用範囲

プログラムへの組込、ゲームソフトでの使用、サーバでの使用等の用途で弊社フォントソフトウェア製品をご利用頂く場合は、本項が適用されます。
・本条第3項、第4項、第5項に定義される適用範囲に加え、
 (7) デジタル・アナログ両面でプログラムの構成部品として使用することが可能
 のオプションが加わります。
 この場合でも、使用権は非独占的使用権となります。
 弊社フォントソフトウェアは、印刷用途に特化した作りとなっており、プログラムに組み込んで使う際に印刷データ制作ソフトウェアやOSの標準的なアクセス方法以外のなんらかの特殊なアクセスがあることを想定した作りにはなっておりません。そのため、本項適用範囲をサポートするためには、追加の作業が必要になる可能性があります。基本価格の3倍額の初期費用を設定させていただいておりますのは、その作業の為の費用をご負担いただく必要からです。
 本項の適用に関しては、以下のいずれかの追加契約を締結する必要があります。
 契約方針は要相談です。

1 使用料一括支払契約
 初期契約料として基本価格の3倍額、および永続使用ライセンス費として基本価格の10倍額を契約時にお支払い頂きます。以後のご請求はありません。

このオプションを使用できるのは、ゲーム・オープンネットワークに供されるサーバ上のプログラム以外のプログラムに限られます。

(基本価格の13倍一括お支払いということになります。)

2 年次ライセンス更新契約
 初期契約料として基本価格の3倍額、および年次ライセンス費として基本価格の6倍額をお支払い頂き、個別契約の年次締め毎に、更新費用として初年度分年次ライセンス費の3分の2倍額(基本価格の4倍額)をお支払い頂きます。

このオプションを利用できるのは、ゲームプログラムに限られます。(ゲームプログラムはこのオプションしか選択出来ません。)

(初年度分が基本価格の9倍額、次年度以降が4倍額ということになります。)

3 ロイヤリティ契約
 初期契約料として基本価格の3倍額、および月次契約費として基本価格の同額分をお支払い頂き、弊社製品が組み込まれたプログラムの使用者数のうち弊社製品が使用された分の売り上げの10分の2倍額をそれぞれ月次締めにてロイヤリティとしてお支払い頂きます。月次ロイヤリティが基本価格を下回る場合は、月次契約費のみを頂きます。

(初月度が基本価格の4倍、次月度以降は基本価格と同額、および全月度通じて弊社製品使用分の売り上げの2/10のロイヤリティ、またロイヤリティが月次契約費を超えない場合は月次契約費のみ、ということになります。)
 ※オープンなネットワークに供されるサーバでご使用頂く場合は、必ずロイヤリティ契約となります。
 ※フリーウェアに組み込むことは許諾しません。ただし、個人用途においてはこの限りではありません。
 ※弊社フォントソフトウェア製品には、ビットマップフォントは収録されておりません。特定級数、特定ポイント数、特定ミリ数、特定解像度におけるビットマップが必要な場合は、別途ラスタライズの作業が必要となります。

第5条 法的権利

弊社製品にかかる全ての権利は、弊社が保有しています。明示されたライセンスによる許諾範囲以外の全ての権利については、本契約によって権利の委譲が行われるわけではなく、弊社がすべて留保します。 弊社製品を利用することにより二次的に生成される印刷物・ロゴマーク・CI等の著作物は、ライセンス所有者およびライセンス所有者と直接の経済的利益関係にある第三者に対し経済的利益をもたらす場合にのみその著作権を全てライセンス保持者が保持することができます。ここでいう著作物とは、弊社提供の全ておよび一部のデジタルビットを、行い得る全ての盗用行為によって再利用していない表現物を指します。

第6条 制限事項
第1項 修正の禁止

弊社製品の全部または一部に対し修正、改変、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル等の行為を行うことは著作権侵害となります。合理的な理由のない一切のビット変更を許諾致しません。

第2項 譲渡の禁止

弊社製品の全部または一部を弊社の許諾なく再許諾、再販売、譲渡、貸与、及びネットワーク上での公開をすることは所有権侵害および商標権侵害となりますので、一切の類する行為を禁止します。
 合理的な理由があり、弊社の許諾がある場合のみ、第三者にライセンスの委譲のみをすることができます。
 ライセンスの委譲は、

  • (1) 現在のユーザ様の元で発効中のライセンスの完全停止、
  • (2) ユーザ様の書面での弊社への許諾請求、
  • (3) 弊社でのユーザ様のライセンス完全停止の確認、
  • (4) 新規ユーザ様への弊社からの書面でのライセンス新規発行

 の4段階を経て行われ、このプロセス以外でのいかなるライセンス委譲行為も実効性を持ちません。

第3項 複製の禁止

弊社製品の全部または一部の複製は、弊社製品の入手が正規の流通経路を経由してのネットワークからのダウンロード販売時にユーザ様の所有する書き換え可能電子メディアにダウンロードされ、その書き換え可能電子メディアの書き換え上書きから弊社製品を保護する目的の場合のみ合理的な回数だけ許諾され、それ以外の複製に類する全ての行為を禁止します。

第7条 限定的な保証

弊社は、本契約の条件に従って使用するために弊社製品のライセンスを当初購入した個人または法人に対し、推奨されたオペレーティングシステムおよびハードウェア構成で使用された場合に、本ソフトウェアが実質的にマニュアルどおりに機能することを、弊社製品のライセンス発効後90日間保証します。
 保証内容については、製品付属の保証書をご覧下さい。
 弊社製品の試用版に関しては、一切の保証は致しません。
 保証の請求は、弊社製品本体と領収証の写し、瑕疵についてのご説明を弊社宛に着払いにて郵送または宅配する方法にて行ってください。
 保証の上限は、ご購入時のライセンス費用の払い戻し、もしくは代替製品の発送に限られます。

第8条 責任の制限

弊社の瑕疵回復責任は上記第7条に定義した内容に限られ、いかなる場合においても、派生損害、間接損害、付随的損害、利益の喪失、貯蓄の喪失、または事業の中断、傷害、注意義務違反もしくは第三者からのクレームに基づくすべての損害を含むがこれらに限定されない一切の損失、損害、クレームもしくは費用につき、お客様に対して賠償する責を負わないものとします。

第9条 販売の範囲

弊社製品は日本国内での使用のみを想定して製作されており、弊社は日本国内でのみ弊社製品の流通を許可しています。必要に応じ順次輸出の方向で検討いたしますが、弊社の現在の方針は日本国内での販売に限る、という見解になります。

第10条 準拠法および管轄裁判所

本契約は、日本国の実体法を準拠法とします。管轄裁判所は第一次法廷を千葉地方裁判所もしくは松戸家庭裁判所とし、必要に応じ第二次、第三次として知的財産高等裁判所、最高裁判所へと順次抗告いたします。

第11条 一般条項

本契約の一部が無効であり強制力を有しないものとされた場合においても、その他の部分の有効性は影響を受けず、その条件に従って効力および強制
力を維持します。本契約は、消費者として取引するすべての当事者の法的権利を損なうものではありません。
 本契約は弊社およびお客様の弊社製品に関する完全な合意であり、弊社製品に関する本契約締結以前の表明、交渉、了解、通信連絡、広告のすべてに優先します。

第12条 ライセンスの遵守

お客様が企業、会社または組織である場合、弊社または弊社の正当な代表者から要求されたときは、当該時点においてすべての弊社製品が弊社から供与された有効なライセンスに従って使用されていることを、30日以内に文書により証明することに同意します。

第13条 教育機関、公益法人へ供与されるライセンスについて

教育機関、または公益法人に供与されるライセンスは、基本的に個人用途の適用範囲に準じるものとします。ソフトウェアの管理については、各教育機関の長、または公益法人の長がその責を負うものとします。

第14条 政府機関、地方自治体へ供与されるライセンスについて

弊社は、政治的な立場を一切保留する意味から、政府機関に対しては原則ライセンスを供与いたしません。地方自治体に対しては、営利法人と見なし全ての契約を行います。

第15条 その他非営利法人へ供与されるライセンスについて

弊社は、信教の自由・言論の自由に鑑み非営利法人での弊社製品の利用を制限いたしません。用途に公共性があると判断された場合のライセンス形態は、第13条に準じます。逆に用途に反社会的問題が見いだされる場合は、第16条に準じた対応が取られます。

第16条 反社会的団体・反社会的国家およびその構成員に対する対応

弊社は、反社会的団体・反社会的国家およびその構成員を容認しない立場を貫きます。よって、契約時に本条に言及する団体・個人からの購入要請があった場合、購入要請を却下することができます。

REN FONT / タイポグラフィクス蓮

> ページのトップへ

たかデザインプロダクション(タカ書体) 使用許諾書

《使用許諾について》

ソフトウェアについては著作権があり、タカ書体製品は非独占的使用権のみの販売です。
タカ書体製品は以下の使用許諾に基づきお使いください。

  • 1) 本製品は1台のコンピュータのみにインストールして使用でき、それ以外の使用は一切出来ません。
  • 2) 本製品、本フォントの全部または一部を再許諾、販売、譲渡、貸与、及びネットワーク上での公開は一切出来ません。又、いかなる複製も禁じます。
    よって、本製品を利用して本フォントを文字数に関係なくアウトライン化等して販売及び、第3者に提供する行為等は一切出来ません。
  • 3) 二次著作物に関しましても、その法的権利依拠は本製品の一部著作物たる本フォントに存在します。
  • 4) 本フォントをテレビ番組、テレビコマーシャル、ゲームソフト、ウェブ、各種ビデオ、映画はじめ、あらゆる映像媒体で使用する場合は別途契約(料金)が必要となります。
    また、上記以外についても、特別なご使用の際は必ず事前にお問い合わせ下さい。
    これらの使用の際は速やかにご連絡頂き、ご契約下さい。
    ご契約なきまま無断で使用することは一切出来ません。
  • 5) タカ書体を各種ロゴタイプとして使用する場合は、別途契約(料金)が必要となります。
    但し、タカ書体のうち筆系書体の「タカ悠」シリーズはロゴタイプ使用は自由です。
    また、文字数に関係なく、本フォントの一部、或いは全部に修正を加えたり、加工、改変、改造等を行っての一切の使用を禁止します(例えば、文字線端のマル化など)。
    なお、このような使用をしたい時はご連絡下さい。状況に応じて許諾致しますが、この場合も同じく別途契約(料金)が必要となります。
    そのほか、使用に際して不明の点はお尋ね下さい。
  • 6) 本製品の全部または一部に対し修正、改変、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、又は逆アセンブル等を行うことは著作権侵害となりますので、一切出来ません。
  • 7) 本製品は通常の使用条件のもとで、欠陥なく使用できることを保証します。
  • 8) 本製品の保証は、上記のものに限られます。それ以外のいかなる保証、例えば本ソフトにバグエラー、脱落等がないこと、さらに本製品使用による直接的、間接的な、いかなる結果に対しても当社は一切の責任を負いません。
《使用契約を必要とするもの》
  • ● 放送での使用〈TV番組タイトル、TVコマーシャル、放送用テロップ・フリップ〉
  • ● 各種ゲームソフト
  • ● DVD、ビデオ〈個人使用はOK 〉
  • ● 各種ロゴタイプとしての使用〈筆系書体の「タカ悠」シリーズは使用自由〉
  • ● 映画タイトルなど、映画での使用
  • ● その他のデジタルデータの製品、各種映像等での使用
  • ● WEB上での使用〈個人及び自社用使用はOK 〉
  • ● 携帯コンテンツ

> ページのトップへ

Font-Kai 使用許諾書

本ライセンス条項はFont-Kai製品の使用に関し定めるものです。

●権利関係

本パッケージに収められているプログラム及びデータファイルは、正当なライセンス使用料の支払いを条件に、本契約条項の範囲において使用することを許諾するものです。
全ての権利を販売するものでは有りません。
したがって、オリジナルのプログラム 及び データファイルの全ての権利また、その著作権は 制作者本人 金井和夫に帰属します。

●使用の範囲

本製品は、1台のコンピュータに対し1ライセンスの契約です。複数のPCに使用する場合は、台数分のライセンス契約が必要となります。
第三者への譲渡、転売、貸与を禁止いたします。
本製品を複製、改変また二次的著作を行うことを禁止いたします。
他の製品に付加する場合には新たな契約が必要です。
出版物・商業印刷物・Webなどの一般的な文書作成に日本語文字符号として利用する事が出来ます。
ロゴタイプとしての使用は可能ですが、上場企業、或いは、それに匹敵する規模の団体での使用は、3年以内とさせていただきます。
3年を越えるものについては別途料金を求めさせていただく場合があります。ご不明な点は当方までお問い合わせ下さい。

●責任制限

本製品の使用に関しての事故や付随する損害、情報の消失や利益の損失、第三者への損害など間接的損害について、一切の責任を負うことは出来ませんのでご了承ください。

●その他の事項

本製品は予告無く変更する場合が有ります。

Font-Kai 金井和夫

> ページのトップへ

ユーザー使用許諾契約書

このユーザー使用許諾契約書(以下「本契約書」)は、株式会社ミーネット(以下「弊社」)が個人または法人のお客様(以下「お客様」)に本デジタル・フォント・プログラム(以下「本製品」)を提供するに当たっての使用条件を定めるものです。

本製品は本契約書の内容に同意された方にのみ利用いただけるものであり、本製品を利用された場合は、本契約書に同意いただけたものとします。

第1条 著作権
  • 1.本製品に関する全ての権利は、弊社又は弊社が許諾を受けた第三者に帰属しています。
  • 2.本契約書は、いかなる意味においても、本製品に関する知的財産権(特許権、実用新案権、著作権、商標権、保護されるべき営業情報などを含みます)をお客様に移転するためのものではありません。
第2条 使用許諾
  • 1.お客様は、1 ライセンスにつき、お客様が所有する1 台のコンピュータにのみ本製品をインストールして使用することができます。
    複数台のコンピュータにインストールする場合や、社内LAN などを介して複数台で使用される場合、台数分のライセンスが必要になります。
  • 2.本製品は使用権フリーですので、出力した文字をそのまま、もしくは変形・加工して、禁止事項に触れない範囲内で、商用、非商用を問わずご自由にご利用いただけます。
第3条 禁止事項

本製品は次項以降に該当する使用を禁止します。

  • 1.収録データの一部あるいは全部にかかわらず、無断で複製や変形・アレンジして頒布、販売、ダウンロードによるデータ供給等に利用する事はできません。
  • 2.取引先への提供が目的であっても、お客様が第三者に本製品の使用を許諾することはできません。また、本製品を第三者に転売、譲渡、リースもしくは貸与すること、ならびに本製品の販売の妨げになるような使用はできません。
  • 3.本製品を修正、改変、変換、リバースエンジニアリング、コンパイル又は逆アセンブルなどをすることはできません。
  • 4.本製品で作成されたデータを元に類似または同一のフォントを作成することはできません。
  • 5.有償、無償を問わず、筆技名人フォントの筆文字データが主な商品価値となるような形での商品やサービスの提供はできません。
  • 6.サーバー利用など、本製品をネットワークなどを介して共有することはできません。
  • 7.有償無償を問わず、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)などの方法で本製品のデータを頒布、販売することはできません。
  • 8.アプリケーションやゲームソフトなどにフォントデータを組み込んで利用したり、バンドルして配布することはできません。
  • 9.上記各禁止事項に該当するか否か判断がつかない場合は、弊社までご相談ください。また、禁止事項に該当する使用でも、別途ライセンス契約を交わすことでご利用になれる場合があります。詳細は弊社までご相談ください。
第4条 契約の有効期間
  • 1.本契約は、お客様が本製品をご購入された時点からお客様が本製品の使用を停止されるまで有効となります。
  • 2.お客様が禁止事項のいずれかに違反された場合、何らの催告・通知等を要することなく本契約は解除されるものとし、以後、本製品を一切使用することはできません。
第5条 保証・免責
  • 1.弊社が本製品に関する権利を有し、お客様に対して本製品の使用を許諾する権利を有することを保証します。
  • 2.弊社は、本製品を使用した場合に発生したいかなる障害および使用不能から発生したいかなる損害(逸失利益、事業の中断、事業情報の損失その他の金銭的損害を含みますが、これらに限られないものとします)について、一切の責任を負いません。弊社が損害賠償責任を負うことになった場合も、お客様からお支払いを受けた代金額を限度として賠償し、その他一切の責任を負いません。
  • 3.本製品は手書きの筆文字を元にしているため、独特な運筆やくずし方によってゴシック体や明朝体などの文字と字形や細部が異なる文字も含まれており、お客様は本製品が完全に無欠陥でない場合もあることを了承するものとします。
  • 4.本製品はフォント商品であり、アプリケーションソフトにおける動作についてはそのソフトウェアの仕様に依拠します。すべてのアプリケーションソフトにおける動作は保証いたしません。
  • 5.本製品の内容及びこの使用許諾契約書の内容は予告なく変更することがあります。変更された使用許諾契約書の内容は(http://www.menet.jp/)に掲載され、掲載と同時に本製品の使用に適用されます。本製品のご使用の際は、最新の内容をご確認ください。
  • 6.本契約は、日本国法に準拠するものとします。

株式会社ミーネット
2011 年2 月1 日作成
2011 年9 月22 日更新
2011 年11 月8 日更新

> ページのトップへ

miniyama 使用許諾書

<使用できるもの>
  • ・各種印刷物・webサイト・ゲーム・映像コンテンツなどご自由にお使いください。
  • ・文字を中心としたデザインにも特に制限はございません。
  • ・フォントの使用について、追加費用などは特にかかりません。
<使用できないもの>
  • ・webフォントには使用できません。
  • ・ロゴマークに使用する場合、商標登録することを禁じます。
<フォント使用条件>
  • ・1台のパソコンにつき1ライセンスとなります。
  • ・サーバーにアップすることを禁じます。
  • ・フォントファイルをコピー・改造・改変・再配布・販売を禁じます。
  • ・フォントは予告なくアップデートする場合があります。
  • ・フォントの著作権はminiyamaにあります。

※フォントの使用により発生したと思われるいかなる損害についても責任を負いません。
フォントの使用者および第三者に何らかの損害を及ぼしたとしてもすべて使用者が責任を負うものとします。

お問い合わせは下記webサイトのメールフォームからお願いします。
http://mini-design.jp/

miniyama
2012年5月作成

> ページのトップへ

堀内湖洲フォント使用許諾同意書

堀内湖洲フォントは、当フォントを購入された方に、以下の条件のもと使用を許可するものとします。

  • 1) 本フォントは、一台の機器にのみしか使用ができません。一台の機器にのみインストールしたものであれば、複数人での使用が許可されます。
  • 2) 本フォントの全部または一部に修正、改竄、コピー、逆コンバイル、逆アセンブル等を行うことは著しい著作権侵害となりますので、厳にこれを禁じます。
  • 3) 本フォントを使用した際に発生した機器およびソフトウエアの不具合、誤作動等に関して、堀内湖洲フォントはその責任を負わないものとします。
  • 4) デジタル・タイプの著作権等の一切の権利は、堀内湖洲フォントに帰属しており、お客様は、購入によって使用権を得るだけのものとします。
    なお、一般商用許諾につきまして、ご不明な点は堀内湖洲フォントにメールにてお問い合わせ願います。

本フォント製品は、作者である堀内湖洲が、長い年月を要して全身全霊を込めて開発したものでありますから、上記遵守事項は必ずお守りいただくよう、謹んでお願い申しあげる所存でございます。

堀内湖洲フォント 代表 堀内湖洲

> ページのトップへ

『FONT x FAN HYBRID 3(フォントファン ハイブリッド 3)』使用許諾同意書

製品名:『FONT x FAN HYBRID 3(フォントファン ハイブリッド 3)』
ライセンス数:Windows1、Mac1

本ソフトウェア製品(以下『本許諾プログラム』という)は、本使用許諾契約書(以下、『本契約書』という)の各条項に基づき、株式会社ポータル・アンド・クリエイティブがお客様に対し、使用する権利を許諾するものです。本許諾プログラムが収録された本製品パッケージのDVD-ROMを開封した時点で、本契約書に同意したものとみなします。

1.使用許諾

本許諾プログラムは以下の各項に従って使用できるものとします。

  • (1)お客様は、本許諾プログラムをWindowsおよびMacそれぞれ1台のコンピュータにインストールして使用することができます。
  • (2)お客様は、本許諾プログラムを文書作成、印刷物制作、WEB制作(画像化利用)等制作物の一部の文字表現として使用できます。
2.禁止事項
  • (1)お客様は、本許諾プログラムを再使用許諾、頒布、譲渡、リース、貸与等により第三者に使用させることはできません。
  • (2)お客様は、本許諾プログラムを修正、改変、変換、リバースエンジニアリング、コンパイル、または逆アセンブル等することはできません。また第三者にこのような行為をさせることはできません。
  • (3)お客様は、本許諾プログラムをサーバー等にインストールしたり、インストールしたコンピュータ以外のコンピュータやデバイス等に利用させることはできません。
  • (4)お客様は、本許諾プログラムを元に新たなプログラムを作成および頒布することはできません。
  • (5)お客様は、本許諾プログラムをハードウェアおよびソフトウェア等に搭載して頒布することはできません。
  • (6)お客様は、本許諾プログラムをテレビ、CM等の商用放送、映画、デジタルサイネージ、その他商用目的のネット上の動画やビデオ映像等に利用することはできません。
  • (7)お客様は、本許諾プログラムをCD-ROM、DVD-ROM、ゲームソフト、ソフトウェア、テンプレート集、素材集等のデジタルコンテンツの制作に利用し頒布することはできません。
  • (8)お客様は、本許諾プログラムを利用し、FLASHやWEB等の埋め込み技術によりフォントデータの全部または一部を埋め込むことはできません。
  • (9)お客様は、本許諾プログラムを利用して、アウトライン生成を行ったり、また本許諾プログラムが埋め込み許可の仕様の場合に限り、PDFファイルへの埋め込みを行うことができます。ただし、これらにより作成されたデータは、印刷・表示以外外できない編集不可の設定を施したフォントの埋め込みPDFファイルを除き、不特定の第三者に頒布することはできません。
  • (10)お客様は、本許諾プログラムを利用し、印鑑、ネームプレート、その他文字を主体としたものへの制作に利用し頒布することはできません。
  • (11)お客様は、本許諾プログラムをハードウェアおよびソフトウェア等に搭載して利用したサービスを第3者に提供することはできません。
  • (12)お客様は、本許諾プログラムを利用して制作したロゴ、商標、商号その他商品表示名等を登記、登録することはできません。
  • (13)上記の各禁止事項について、別途契約を結ぶことでご利用いただける場合があります。判断がつかない場合は、弊社までお問い合わせください。
3.著作権、使用許諾権、その他の権利
  • (1)弊社は本許諾プログラムの使用をお客様に許諾する権利を有しています。
  • (2)本契約は、弊社がお客様に本許諾プログラムの使用を許諾するものであって、本許諾プログラムに関する著作権その他全ての権利(使用許諾権、特許権、実用新案権、商標権等)は、弊社または弊社が許諾を受けた第三者に帰属します。
4.契約期間

本契約は、お客様が本許諾プログラムが収録された本製品パッケージのDVD-ROMを開封した時点で本契約書に同意したものとみなし発効するものとします。

5.契約解除
  • (1)お客様は本契約で定める禁止事項を行った場合、何ら催告および通知することなく、その時点で契約解除されるものとします。
  • (2)前項の場合、弊社は、お客様が購入した代金について、返還しないものとします。
6.損害賠償
  • (1)お客様が本契約に違反する行為もしくは不正または違法な行為を行ったことにより弊社に損害を与えたときは、弊社は、お客様に対して損害賠償を請求することができるものとします。
  • (2)弊社は、前項の請求のほか、刑事告訴、告発を行うことができるものとします。
7.免責その他
  • (1)弊社は、お客様が本許諾プログラムの利用に際して発生した損害、使用不能から生じた損害、その他損害(逸失利益、事業の中断、付随的・間接的損害、第三者からの請求、その他金銭的損害等)について、弊社がお支払いを受けた対価を限度として損害を賠償し、その他一切の責任を負わないものとします。
  • (2)本許諾プログラムの利用において、物理的な欠陥および不備については、良品と交換いたします。
  • (3)本契約の内容は、予告無く変更する場合があります。変更する場合は、WEBサイト(http://www.fontalliance.com/)に掲載いたします。掲載された時点で掲載された内容が本許諾プログラムに対し適用されます。
  • (4)本契約は、日本国の法令に準拠し、日本国法に従って解釈されるものとします。
  • (5)本契約に関する紛争は、東京地方裁判所を第一審の管轄裁判所とします。

株式会社ポータル・アンド・クリエイティブ

> ページのトップへ

以上