ストックフォトのアマナイメージズ:ギャラリー | amanaimages gallery

高砂淳二
Junji Takasago

この作家の作品を購入

自然の撮影は、天候や、生き物との出合いのチャンスに左右されることが ほとんどで、期待していたほどの結果が得られないことも多い。
でも、たまに期待以上の、想像もしなかったようなシーンに出合うこともあって、 そんな時は、自然のスピリットから特別な贈り物をもらったような感じがして、 自然写真家で本当によかった、と心から思う。

profile

自然写真家。
1962年、宮城県石巻市生まれ。
ダイビング専門誌の専属カメラマンを経て1989年に独立。
海の中から、虹、生き物、風景まで、世界70ヶ国を超える国々を訪れ、地球全体をフィールドに撮影活動を行っている。
海の環境NPO法人“OWS(Oceanic wildlife society)”理事

高砂淳二 オフィシャルウェブサイト
高砂淳二 オフィシャルブログ
高砂淳二 facebook artist page

information

【出版物】
1993年  心がほぐれる南の海の写真集「free」(小学館)
1994年  映画「グランブルー」の主人公、ジャック・マイヨールの世界をまとめた「クジラが見る夢〜ジャック・マイヨールとの海の日々」。(七賢出版・共著)
1995年  水の感触とイルカの美しさをまとめた写真集「aqua」(小学館)
1997年  海のフォトジェニックな生物をまとめた写真集「STREAM」(七賢出版)
       海と人の交流がテーマのフォトエッセイ集「海へ行きたい。」(マリン企画)
1998年  南極から赤道までいのちの瞬間をとらえた写真集「life」を発表。
1999年  旅のフォト&エッセイ集「とびっきりの南の楽園」(光文社)を発表。
2000年  書き下ろしフォトエッセイ集「アシカが笑うわけ」(小学館)を発表。
2003年  月の光で稀に出る“夜の虹”を、世界で初めて写真集としてまとめた、ハワイの自然の写真集「night rainbow〜祝福の虹〜」(小学館)を発表。
2005年  フォトエッセイ集「ハワイの50の宝物」(二見書房)
       海のさまざまなブルーを集めた写真集「BLUE」(小学館)を発表。
2007年  ハワイ・オアフ島の大自然を案内する「PURE OAHU」(ダイヤモンド社)
2008年  世界のいろいろな虹を集めた写真集「虹の星」(小学館)
2010年  圧倒的に美しい南の島と海の写真集「南の夢の海へ」(ピエブックス)
2011年  ハワイの自然写真集「Children of the Rainbow」(小学館)
2012年  世界のいろんな空を撮った「そら色の夢」(PIE International)

【写真展】
ザルツブルグ博物館、有楽町マリオン、渋谷パルコ、大阪大丸ミュージアム、阪急百貨店、コニカミノルタプラザ、新宿エプソン・エプサイト、横浜ランドマークタワー、池袋サンシャインシティー、府中の森博物館、他多数。
2008年にはコニカミノルタプラザにて、太平洋島サミット記念写真展「Pacific Islands」を担当。2011年6月、ミッドタウン・フジフイルムスクエア企画写真展開催