ストックフォトのアマナイメージズ:ギャラリー | amanaimages gallery

小林紀晴
kisei kobayashi

この作家の作品を購入

遠いところに存在する儚い光を、できるだけ自分の手元に引っ張り、フィルムの上に定着させたい思いがいつもあります。そんな気持ちで、どこかへ出かけ、シャッターを切っています。

profile

1968年 長野県茅野市生まれ。
1988年 東京工芸大学短期大学部写真科卒業。新聞社カメラマンを経て、1991年よりフリーランス。アジアを中心に活動。
1997年 「DAYS ASIA」で日本写真協会新人賞受賞。
2000年 12月〜2002年1月までニューヨーク滞在。
現在、東京在住。 http://www.kobayashikisei.com

information

【賞歴】
「DAYS ASIA」で1997年度日本写真協会新人賞

【出版物】
1995年 「ASIAN JAPANESE」(情報センター出版局)
1996年 「ASIAN JAPANESE.2」(情報センター出版局)
      「DAYS ASIA 」(情報センター出版局)
      「アジア旅物語」(世界文化社)
1997年 「ASIA ROAD」(講談社)
1998年 「東京装置」(幻冬舎)
      「japanese road」(集英社)
1999年 「homeland」(NTT出版)
      「アジアの少年」(幻冬舎)
      「ハノイの犬、バンコクの象、ガンガーの火、」(幻冬舎)
      「Tokyo Generation」(河出書房新社)
2000年 「写真学生」(集英社)
      「dark room・暗室」(幻冬舎)
      「ASIAN JAPANESE.3」(情報センター出版局)
2001年 「国道20号線」(河出書房新社)
      「小説家」(河出書房新社)
      「life 1986-2002」(スイッチ・パブリッシング)
2002年 「遠い国」(新潮社)
2003年 「Days New york」(平凡社)
      「9月11日からの僕のこと」(講談社)
2004年 「盆地」(エイ出版)
      「旅をすること」(エレファントパブリッシング)
2006年 「写真展に行ってきました」(平凡社)
      「最後の夏 1991」(バジリコ株式会社)
2007年 「父の感触」(文藝春秋)

【写真展】
-個展-
1994年 「ASIAN JAPANESE」オリンパス・ホール
1996年 「DAYS ASIA」ペンタックスフォーラム
1999年 「homeland」ペンタックスフォーラム
2002年 「life1986-2002」ガーディアン・ガーデン
2003年9月 「White Panic」 新宿ニコンサロン
2003年9月 「days new york」 デイズフォトギャラリー
2004年6月 「Elephant Love」 NADAR・大阪
2006年1月 「いま、ここは、どこでもなく」EMON PHOTO GALLERY・広尾

-グループ展-
1990年 [HERE AND THERE] mole GALLERY・東京
2000年 The 1st Korea Japan Photo-Biennnale SEOUL.KOREA
2002年 [OVER KILL] heeresbackerei-kultur. BERLIN
2003年 [Keep in touch Position Japanese Fotografie] GRAZ AUSTRIA
2006年 「ニコンサロン1968-2006特別企画展・世界の響き」ニコンサロン・銀座