サバンナに生きる動物たち

サバンナとは明瞭な乾季をもつ、熱帯・亜熱帯地域に発達する植生帯(草原)のことです。サバナともいいます。

サバンナと聞いて一番に思い浮かべるのは、アフリカの大草原ではないでしょうか。そこには、おなじみのライオン、ゾウ、シマウマ、キリン、サイなど多種、多様な生きものが生息しています。ガゼルやヌーなどの植物食の動物が居て、それらを求めてライオンやチーターなどの動物食の動物がいます。

そしてそれらをとりまく様々な生きものたちとの複雑な関係性によって、見事な生態系が成り立ち、綿々と生命を育んできました。

ここではそのようなサバンナに生きる動物たちをご紹介いたします。