2017年10月11日

世界の危険生物

危険生物
ここでは人間にとって危険といわれる生物をご紹介いたします。

危険な理由は大きく分けて、有毒であること、襲われて身体に危害が及ぶこと、病原菌などを媒介して病気を引き起こすなどがあります。
有毒生物にはハチのように刺す、ヘビのように咬む、キノコのように食中毒を起こす、カエルのように体表面に毒があるなどがあります。また、人を襲って危害を及ぼすのはクマ、ワニ、トラ、サメなどが挙げられ、病原菌などを媒介するのはカ、ハエ、ヒル、ダニなどです。

[ヒアリ 日本初確認!]を見る

[世界のサメ]を見る