進化論の島 ガラパゴス諸島

エクアドル沖、西方約900kmに位置するガラパゴス諸島は、大陸と陸続きになった歴史をもたず、独自の進化を遂げた固有種が多く生息します。

このような独自の特性が、チャールズ・ダーウィンの「進化論」の着想を得るきっかけとなったとして広く知られています。

ここではガラパゴス諸島に生息するゾウガメ、イグアナ、フィンチ類など特徴ある生きものをご紹介いたします。