植物:日本の樹木 ドングリ類

ドングリ類
ドングリとは、一般的にブナ科のコナラ属、シイ属、ブナ属などの果実の総称です。
日本では20数種が知られており、ここでは雑木林を代表するクヌギ、コナラを中心に取揃えました。クヌギ、コナラはかつては薪や炭をとるために利用されて、その生育する雑木林は薪炭用に定期的に伐採され、いわゆる里山の雑木林として維持されていました。
薪の需要がなくなってきた現在は維持するのが困難になり、林の地面に低木や笹などが生い茂ってしまい、立ち入ることができないやぶになってしまったりしています。