顕微鏡撮影:プランクトン ミドリムシ オオヒゲマワリ

ミドリムシ、オオヒゲマワリ(ボルボックス)は、ともに動物プランクトンのように鞭毛をもち運動をしますが、植物プランクトンと同様に光合成も行ないます。
ミドリムシは近年ユーグレナの名で健康補助食品などに活用され、広く知られるようになりました。
いずれも淡水域に普通に見られ、ミドリムシは湖沼、水たまりなどの有機物の多い水域、オオヒゲマワリは池、川、田んぼなどの清水域に多く見られます。

[プランクトン:動物プランクトンを見る]

[プランクトン:植物プランクトンを見る]