クモの糸は罠巣を張るだけではない

クモ類は、腹部にある出糸突起と呼ばれる器官から糸を出し、その糸を使って編み目状に罠巣を張り、そこへ掛かった虫などを食べると一般的に考えられているが、実際にはクモ類の半数は罠巣を張らず、徘徊しながら獲物を捕らえる。全ての種が糸を作る器官をもつため、徘徊するクモ類も獲物を捕らえたり、自らの体を維持するために糸を巧みに利用する。