旅をする蝶「オオカバマダラ」

英名をMonarch Butterfly(王様蝶)と呼ばれるオオカバマダラは、よく目立つ黒色とオレンジ色のをもつマダラチョウのなかま。北アメリカのロッキー山脈を境に、西部個体群と東部個体群に分けられ、秋になると西部個体群はカリフォルニア、東部個体群はメキシコへ移動し、集団で越冬する。3,000kmをはるかに超える長旅を終えたオオカバマダラは、越冬地にある木に鈴なりにつき、その重さで枝が折れることもあるという。