たゆたうクラゲ

一般的にクラゲという場合、生物の分類的にはいくつかの大きなグループの中で水中で浮遊生活をする種の総称となっています。

クラゲ、漢字では「海月」「水月」などと書き、水中の月を意味しています。中国、日本では古くから一部の種類を食用としています。

水族館などでそのゆらゆらと漂う姿には癒されますが、中には毒性のかなり強い種類もいますので、野外では要注意です。有名なのはカツオノエボシ、ハブクラゲ、オーストラリアウンバチクラゲなどです。ここでは世界のクラゲ類をいろいろと取揃えました。