2017年07月19日

鳥類:外国の鳥 ペンギン類

ペンギン類(ペンギン目 ペンギン科)

ペンギン類は、南半球の南極大陸、南極圏の島々、大陸の南部などを中心に生息し、最も低緯度に分布するのはガラパゴス諸島のガラパゴスペンギンです。南極の鳥といったイメージがありますが、南極大陸で繁殖するのはコウテイペンギンとアデリーペンギンの2種のみです。

ペンギンの最大の特徴は飛べないことですが、代わりに翼を巧みに使って水中を飛ぶように泳ぎ回ります。人気のコウテイペンギンは、ペンギンの中で最も大きく、ヒナがひとり立ちするまで約7ヶ月もかかります。

[水中を飛ぶペンギンの世界]を見る