ほ乳類:サル目 オランウータン

オランウータン(スマトラオランウータン:Pongo abelii ボルネオオランウータン:Pongo pygmaeus)

スマトラ島の北部にのみ生息するスマトラオランウータンとボルネオ島に生息するボルネオオランウータンの2種がいます。外見や生態に違いが見られるため、以前から別亜種に分けられていましたが、近年はDNA解析の結果を根拠に、その隔たりは種レベルだとされるようになりました。森の樹上で暮らし甘い果実を主食としています。野生のボルネオオランウータンはほとんど道具を使いませんが、スマトラオランウータンは小枝を使ったシロアリ釣りなどを行います。赤茶色のまばらな長毛を持つことから、かつては赤毛の妖怪を意味する「猩々」という名前で呼ばれていました。