ワシントン条約締約国会議

2016年9月24日から10月5日まで、ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する法律:CITES)の第17 回締約国会議(COP17)が南アフリカ共和国のヨハネスブルグで開催された。この会議は3年に一度行われ、特定の動植物の取引を禁止、制限するか否かを決議するものである。今回、輸出入が禁止されたものは、センザンコウ8種、ヨウム、バーバリーマカク、保護が強化されたものはローズウッド(シタン)、サメ4種、イトマキエイ9種など。一方アフリカゾウの全個体群、ミナミシロサイに対する規制強化議案は見送られた。