3.11は、まだ終わっていない。アートができること、はじめます。 アートでつながる支援システム ART GIVING Project 1.アートが支援の種 2.アートを使用する人が栄養分 3.支援の花が咲いて被災地へ届ける Stock ART GIVING のしくみ みこしはみんなで担ぐ、ならば被災もみんなで担おう 東北に手を貸したいという思いは誰にもある。問題はその手段がなかなか見つからないことだが、それぞれの仕事を通じてというのは参加しやすくていい。ビジュアルな創造をする人たちが作品を提供して、メディアからの収入を被災地に届ける。この仕掛けは作家であるぼくの目から見ても絵になる。うまい考えだと思う。世の中には悪事に荷担する奴もいるが、善事に手を貸す者だっているのだ。(昔ならば「義によって助太刀いたす」というところ。)作品をよろしく。池澤夏樹
前へ 次へ

参加アーティスト

ART GIVING Project全作品を見る

ART GIVING Project(アートギビングプロジェクト)とは?

1.アートが支援の種 2.アートを使用する人が栄養分 3.支援の花が咲いて被災地へ届ける

継続的支援システム“ART GIVING Project”

アートやクリエイティブを生業とする私たちなりのアイディアで、継続的に被災地へ元気を届けられないか。そんな想いから、"ART GIVING Project"が誕生しました。アートや写真には、人を癒し、心を豊かにする力があります。アーティスト、クリエイティブ業界のチカラをひとつにして、アートができる支援があります。

収益配分:被災地支援 50% + 作家制作費 20% + ストックサイト管理費 15% + 事務局運営費 15%

Stock ART GIVING amanaimages.com内

アートを提供する×アートを使用する=支援第一弾 新たな支援システム“Stock ART GIVING”。

ART GIVING Project の第一弾となる"Stock ART GIVING"は、amanaimages.comを活用した被災地支援システムです。
アーティストからご提供いただく素晴らしい作品をamanaimages.com内にストックし、アートを使用するユーザに対してサイト内で自由に検索・購入できるようにいたします。これらの作品が、アートを使用するユーザーの広告活動やメディアのコンテンツなどに使用される際、その使用料の一部を支援金として被災地支援に役立てます。
つまり、アートを提供する人、使用する人、皆の行動が支援につながる新しいシステムです。

ART GIVING.JPへ
Present

使用事例・活動報告

ART GIVING Project実行委員会

プロジェクト全体の企画・運営は、amanaimages、被災地支援ボランティア団体(ふんばろう東日本支援プロジェクト)が実行委員となり、さらに多くのクリエイティブ各社が協力のもと行われます。

アマナイメージズ

伝えたい事が感動とともに伝わる、ビジュアル・コミュニケーションのためのクリエイティブ素材を、様々なメディアに提供するストックフォト事業会社。ART GIVING Projectでは、クリエイティブ素材販売サイト「amanaimages.com」の仕組みを活用し、アート作品のデータベース化から販売までをサポート。

ふんばろう東日本支援プロジェクト

東日本大震災を機に立ち上がった、日本最大規模の被災地支援のボランティア組織。インターネットメディアを使用して、全国から支援物資を欲しい場所へ直接送付できるシステムを構築。現在は「自立支援」に焦点を当てたプロジェクトを立ち上げ、活動の幅を広げている。

ふんばろう Wall Paper はこちら

ページのトップへ